一般初公開の貴重な展示も!松屋銀座で「ディズニー夢と魔法の90年展」

写真拡大

「夢を求め続ける勇気さえあれば、すべての夢は必ず実現できる」と語ったのは、ウォルト・ディズニー。1923年の設立から、人々に「夢と希望」を与え続けてきたウォルト・ディズニー・カンパニーの90年を振り返る企画展が、この春から約1年半をかけて全国を巡回するそうで、その第1弾は東京から。

3月19日(水)から4月7日(月)まで、松屋銀座8階イベントスクエアで開催される「ディズニー 夢と魔法の90年展 ミッキーマウスからピクサーまで」では、約800点ものディズニーの貴重な資料を日本で一般に初公開! 会場では、1928年のミッキーマウスの誕生から、「モンスターズ・インク」といった最新のピクサー映画公開までの90年間に制作されたアートなどが一堂に展示されるとか。その内容は、貴重なセル画やフィギュアのほかに、小道具類、コスチューム、模型などで、中には門外不出とされる展示品も!

会場は、「ディズニーアニメーション」「ディズニーサウンド」「ウォルト・ディズニー・スタジオ」「ディズニーと自然界」「ディズニープリンセス」「パイレーツ・オブ・カリビアン」「ディズニー・ピクサー」という7つのパートに分けられていて、それぞれに関連した貴重な展示物がずらり。

さらに、Tシャツ、絵皿、トートバッグなどの会場限定オリジナルグッズや、会場で先行発売となる最新のディズニーグッズも多数そろっているそうで、1950年代に発売されたミッキーとドナルドの絵本の復刻版など、ディズニーファンにはたまらないレアなお宝グッズもお目見え!

世界中の子供と、子供だった人たちが、みんな大好きなディズニーのアニメ。その90年の歴史を今、東京で!