提供:リアルライブ

写真拡大

 31日の20時から放送される生特番「笑っていいとも! グランドフィナーレ 感謝の超特大号」で32年の幕を下ろす「笑っていいとも!」。タモリに有終の美を飾らせようと、歴代メンバーである明石家さんま、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、ナインティナインら豪華メンバーが集結する。現在、不定期レギュラーであるとんねるずとダウンタウンの共演が注目されているが、もう1つポイントとなる共演がダウンタウンと爆笑問題である。

 約20年前に爆笑問題の太田光がラジオ番組でアディダスのジャージを着ていたダウンタウンの松本人志のことを“アディダスの広告塔”とネタにし、それに激怒した松本が太田を楽屋に呼びつけて土下座させたと、一部メディアが報じており、いわゆる“犬猿の仲説”が囁かれている。以前、ラジオ番組で浅草キッドの水道橋博士から「ダウンタウンDXに呼ばれたらどうする?」という質問をされた太田は「絶対行かねーよ」と豪語していた。

 先日、松本の冠番組「ワイドナショー」(フジテレビ)が4月より日曜の朝10時に移動することが発表され、爆笑問題が司会を務める「サンデー・ジャポン」(TBS)との裏番組対決が注目されているが、番組改編の発表の際にフジテレビの竹内CPが「ネットで言われているほど(爆笑問題とは)“不仲”ではない」と発言したという。ネット上では「やっぱり不仲だったんだ」「不仲なのは事実なんだ」などの意見が挙がっていた。

 「とんねるずと爆笑問題は仲が良いので、石橋にそそのかされて太田が松本に絡んでもしたら、ちょっと心配ですね。ただ、時間をズラして出演させたり、立ち位置を離したり、制作サイドも配慮するかもしれません」(テレビ関係者)

 突然ワケの分からないボケをしたり、余りにもしつこいカラミをするので土田晃之などから“面倒くさい”とイジられている太田。並々ならぬ想いを寄せる「笑っていいとも!」の最終回ともなれば、普段の倍以上にテンションが上がり、番組本番での暴走も可能性としてはなくはない。そうなれば、もはや和解どころか、もっと深い溝を作ってしまうかもしれない。