太陽のもと、若き才能が輝きを放つ。「フィニッシャー」の21歳、福岡堅樹(筑波大)と「チャンスメーカー」の20歳・藤田慶和(早大)。ふたりの大学生の生気に満ちたランが、7人制ラグビー(セブンズ)の日本代表の躍進を予感させるのだ。

 ワールドシリーズの『東京セブンズ』(22、23日・秩父宮ラグビー場)だった。下位トーナメント(※)に回った日本代表は23日、格上のサモアと対戦した。後半の序盤、メンバー交代で福岡がフィールドに入る。もうそれだけで、スタンドがどっと沸いた。
※プールA〜D(各4カ国)の下位2チーム、8カ国でトーナメントを戦い、順位を決定する。日本はプールBに入り、アルゼンチン(14−14)、南ア(33−5)、ケニア(12−7)と対戦。1分け2敗で4位となり、下位トーナメントに回った。

 華がある。直後、パスをもらった福岡が右中間に飛び込んだ。初めてセブンズ日本代表入りしたスピードスターにとっては、記念すべき初トライである。これで乗った。終了間際、今度は橋野皓介(キャノン)のパントキックを追いかけて、ドンピシャのナイスキャッチからインゴールにおどり込んだ。

「味方がつないでくれた流れだったので、しっかり乗ることができてよかった」。試合後、福岡は笑顔を振りまいた。「1本目のトライは、なんだかホッとしました。2本目は、すごく気持ちよかったです」

 セブンズは経験がものをいう。相手との間合い、駆け引きは15人制とは違う。フィットネスの質量も異質である。23日、最後のウェールズ戦(下位トーナメント準決勝)は、19−19のままサドンデス方式の延長に入った。相手がシンビン(一時的退場)にもかかわらず、トイメン(相手選手)にかぶり気味にいって内に切れこまれた。反応できなかった。そのままトライを奪われ、ノーサイド。24−19でウェールズが勝利した。

 結局、日本は16チーム中11位タイで終わった。顔色が変わる。悔しさが募る。

「サドンデスに入って、なんとかしなきゃいけないと思っていた。不完全燃焼じゃないけれど、こういうカタチで終わったのは不本意ですね」

 まだフィットネスに不安があるから、いずれの試合も途中出場だった。福岡の出場時間は、そう長くなかった。トータルで10分程度か。それでも1分1秒が貴重な経験になった。「次につながります」と漏らす。

「海外のトップクラスの選手のスピード、身体能力を目の当たりにして、自分は"まだまだだなあ"と思いました。(15人制に比べると)ひとり一人のスペースが広いので、その中でどう動くのか。次の香港(セブンズ)で、もっとトライをとりたい」

 50mを5秒台で走る。体重はこの1年で約4kgアップして85kgとなった。速さだけでなく、たくましさも増してきた。が、爆発力はあってもトップスピードを維持する持久力が、まだない。朝起きたら、「すごく足にきていた」と振り返る。これまでとは違う疲労が太もも、ふくらはぎにあったようだ。

 コンディショニングを含め、すべてが勉強である。食事や自己管理、からだのケアも、より規律が求められる。課題はフィットネス。プレーでは、相手につかまった時のボールの生かし方、継続させる技術である。

 もうひとりの若きエース、藤田もまた、スタンドのファンを沸かせた。スピードでは福岡に一歩譲るが、運動量では群を抜く。スペースに走り込んで抜いていく能力も極めて高い。相手防御を崩す。つまり判断力、ラグビー・センスがいい。

 藤田は「自信がつきました」と言う。

「スピードは上がっていると思います。いい準備をして、香港に臨みたい。チームをもっと前に前に出して、1つでも多く、トライをとれるようにしたい」。こちらの課題はやはり、ディフェンスである。改善はされてきたが、まだタックルが甘い。

 15人制日本代表のエディー・ジョーンズヘッドコーチは「7人制と15人制の併用はあり得ない」と話している。でもふたりは若い。ラグビーの人気を考えれば、日程が許す限り「二刀流」でもいいのでは、と思う。

 なんといっても、オリンピックは魅力である。ふたりとも「両立させてもらえるようなら、オリンピックには出たい」と言う。ふたりがいることで、ジャパンの2016年リオデジャネイロ五輪出場の可能性も膨らむ。

 リオ五輪を見据えた場合、大事な試合が次の香港セブンズ(28〜30日・香港)の「ワールドシリーズのコア(中核)チーム昇格決定戦」である。

 そこでジャパンは勝てるか。出場チームは東京セブンズより落ちるが、ロシア、香港など強敵も交じっている。プレッシャーも大きくなる。若き福岡と藤田の活躍なくして、ジャパンの躍進はなかろう。

松瀬 学●取材・文 text by Matsuse Manabu