日本橋で新感覚のお花見体験!「江戸桜ルネッサンス&夜桜うたげ」

写真拡大

桜前線がじわじわと北上する中、東京の桜はこれから・・・だと思っていたら、実は3月上旬から満開の桜を楽しめる場所が日本橋にあったなんて! 3月7日(金)から3月30日(日)までの期間、日本橋三井ホールでは「江戸桜ルネッサンス & 夜桜うたげ」を開催中! こちらは、「アート」「デザイン」「エンターテインメント」と「アクアリウム」を融合させるという独自のスタイルを確立し、昨夏、日本橋で50万人を魅了した、「アートアクアリウム 金魚シリーズ」の総合プロデューサー木村英智氏が新たに手掛けるアート展覧会。

今回、木村氏が挑戦するテーマは“花見”。本物の桜の花は一輪もないのに桜の美しさを五感で堪能できる、まったく新しい花見体験が新鮮! 会場では、五街道の中でも最古の「東海道」に注目し、日本橋と関係の深い京都と三重の伝統工芸が一堂に集結。日本が誇る着物、織物、硝子細工、和紙、陶磁器などを、最新のアートの技で演出し、満開の桜を表現しているとか。

「作品としての見所は、江戸桜ルネッサンスでしか見ることができないアートアクアリウム最新作『江戸桜リウム』ですが、楽しみ方のオススメは、毎日19:00から会場内に登場する『夜桜BAR』です! 京都・三重の日本酒を豊富に取り揃えており、日本酒をご注文頂いた方は、江戸切子のグラスでお楽しみいただける特典付きです。お酒を飲みながら、花見鑑賞ができるので、お仕事の疲れを癒す1杯を堪能しに、イベントにご来場頂ければ嬉しいです。イベントは23:00まで(最終入場22:30)ですので、新感覚のお花見をごゆっくりお楽しみいただけます。なお、最終日のみ、営業時間が17:00(最終入場16:30)までとなりますので、ご注意ください」と、広報担当の方。

11:00〜19:00の間は、京都の老舗3ブランドがコラボレーションしたオリジナルのお茶席セット(別途料金)も味わえるから、桜おやつも楽しめちゃう。お花見前のウォーミングアップは、華やかなアートあふれる日本橋へ!