●ラストスマイル

(画像:「ゴールデンタイム」公式Webサイトより)
(C)竹宮ゆゆこ/KADOKAWA/おまけん

●キャスト
多田万里(ただ ばんり):古川慎
柳澤光央(やなぎさわ みつお):石川界人
加賀香子(かが こうこ):堀江由衣
林田奈々(はやしだ なな):茅野愛衣
佐藤隆哉(さとう たかや):比上孝浩
岡千波(おか ちなみ):木戸衣吹
NANA先輩(ななせんぱい):佐藤聡美
さおちゃん:後藤沙緒里
しーちゃん:伊藤静

●ストーリー
東京のとある私立大学の法学部に入学した主人公・多田万里は、入学式の後に行われる新入生オリエンテーションの会場である学部キャンパスへ移動中、道に迷ってしまう。
同じく道に迷ってしまった同学部の新入生・柳澤光央と出会い、意気投合した万里であった。なんとか目的の場所へ辿り着く目処がついたそのとき、2人の前に薔薇の花束を持った美女が現れる。
彼女は花束を光央の顔に何度も叩きつけた後、その花束を光央に渡し「入学、おめでとう」とだけ告げ去っていってしまう。スタイルも身につける物も全てが完璧な彼女・加賀香子は光央の幼馴染みで、幼い頃に光央と交わした「結婚」の約束の実現を夢見て、さまざまな形で光央を振り回してきた。
そんな香子から逃れるために、有名私立大学の付属高校からこっそり外部受験で現在の大学に進学してきた光央だったが、新入生オリエンテーションの会場でも香子は2人の前に現れる。香子もまた、光央を追って外部受験で法学部に入学してきたのであった。
●オープニング
おまけんへの退会届を出した加賀香子。それは多田万里と別れた加賀香子なりのけじめ、多田万里の記憶喪失、そして彼と林田奈々が高校の同級生であった事を加賀香子が知ったがための結論だったのです。
●元通りにならない元通り
多田万里「俺は時々、昔の記憶が戻りかける。そして今の記憶が消える。香子はそれが怖かったんだな。」

加賀香子はそれを聞いて、恋人ではなく友達として多田万里として付き合おうと決意します。

加賀香子はおまけんの退会届を取り下げ、いつも通りの生活を行おうとします。ただ一つ違うのは多田万里と恋人では無くなったこと。

それから学園祭も2日前になったあの日、加賀香子が多田万里に話しかけても無反応。それを見て加賀香子はその場を走り去ります。同じ場にいた佐藤隆哉は、

佐藤隆哉「みんなで遊びに行こう!」

彼なりに考えた元通りになる方法。学園祭前日にする事でもないのですが…。

ところが、その日の夜、多田万里は加賀香子や柳澤光央にあった途端

多田万里「あんたたち、誰?リンダ、リンダ、どこにいるんだ!リンダ!」

●記憶が戻るも…。
記憶が戻ったり戻らなかったりする状態が断続的に続く多田万里。今は過去の記憶では無く現在の記憶が残っているのですが…。

翌朝、彼が目覚めるとベッドにはNANA先輩が!

多田万里「リンダ、俺、NANA先輩とやっちまったよ!」

※もちろん違います。

学園祭、そこにいたのは今まで通りの加賀香子。しかし、彼の記憶は過去と現在のものが混在している状態のようです。

学園祭、それが彼にとって最後の記憶となり、あの事故からの記憶を全て失ってしまいます。

「ゴールデンタイム」、次回もお楽しみっ!

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「ゴールデンタイム」第22話「引き際」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ゴールデンタイム」第21話「カミングアウト」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ゴールデンタイム」第20話「突然、記憶が戻る!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ゴールデンタイム」第19話「これがエッフェル塔?」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ゴールデンタイム」第18話「同窓会」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「ゴールデンタイム」TVアニメ公式Webサイト