「黒子のバスケ MASTER STARS PIECE TETSUYA KUROKO」 (C)藤巻忠俊/集英社・黒子のバスケ製作委員会

写真拡大

バンダイナムコグループのバンプレストは2014年4月上旬から、アニメ「黒子のバスケ」を題材としたアミューズメント専用景品を、全国のアミューズメント施設へ向けて順次投入する。

各高校の人気キャラを存分に楽しめるラインアップ

3月のテレビアニメ第2期の放送終了に合わせ、アニメで熱い戦いを繰り広げたチームやキャラクターたちの「試合後」の姿をピックアップしたコンセプトシリーズ「after the game(試合後)」をテーマに商品を展開する。

目玉は、高さ約26センチの「黒子テツヤ」のフィギュア「黒子のバスケ MASTER STARS PIECE TETSUYA KUROKO」(全1種、4月上旬〜)。試合への意気込みを感じさせる表情や肩に羽織ったジャージが風になびく様子、ユニフォームのシワ部分やバスケットボール、スニーカーの小物に至る細部にまでこだわり抜いた仕上がりとなっている。

このほか、試合後にメンバーが使用する姿をイメージしてデザインしたタオル(全5種、4月中旬〜)や、激戦を終えリラックスした表情の誠凛高校メンバーを描きおろしたマルチクロス(全1種、4月下旬〜)、ちびきゅんキャラ(全5種、5月中旬〜)、クリアポスター(全8種、6月上旬〜)など、各高校の人気キャラクターを存分に楽しめる商品をラインアップした。また、キャラクター同士の「絆」や「繋がり」をテーマにしたフィギュアシリーズ「DXF〜Cross×Players〜」第4弾には、洛山高校キャプテン「赤司征十郎」が登場する(5月下旬〜)。