「決定盤!フィギュアスケート・ミュージック・ベスト」

写真拡大

ユニバーサルミュージックは2014年3月19日、2013〜14年のシーズンのフィギュアスケートのプログラムに使用された楽曲を収録した「決定盤!フィギュアスケート・ミュージック・ベスト」を発売した。価格は2381円(税別)。

全16曲を収録

フィギュアスケートで活躍した日本人選手はもちろん、外国人選手のプログラム使用曲の数々までもまとめたコンピレーションアルバム。

浅田真央選手がショートプログラムで使用したショパン「ノクターン」、エキシビジョンのIMAによる「スマイル/この素晴らしき世界」をはじめ、ソチ・オリンピックで日本人初の男子シングル金メダルを獲得した羽生結弦選手がショートプログラムで使用し大きな話題となったゲイリー・ムーアの「パリの散歩道」など全16曲を収録。いずれもシーズンの銀盤を彩った楽曲ばかりだ。

パッケージも、メダルをイメージしたゴールドディスク特別仕様となっている。