耳にフィットし、疲れにくい

写真拡大

ディーアンドエムホールディングスは、「DENON」ブランドから、フラットサウンドで人気の「Music Maniac<ミュージックマニアック>」シリーズとして、インナーイヤーヘッドホン3機種を、2014年4月上旬から順次発売する。

不要な振動を抑える

全機種に、音圧バランスを調整する「アコースティックオプティマイザー」と、ハウジング内のケーブルを弾力性のある素材で支える「ラジアルカスケードダンパー」を用いることで、ピュアなサウンドを実現した。

また、どんな耳にもフィットする「エルゴノミクス・デザイン」を採用。長い時間着けていても、疲れにくい。

上位機種となる「AH-C120MA/AH-C120M」は、新開発である高磁力ネオジウムマグネットの1.5ミリドライバーユニットを搭載。また、ダイヤカットされた光沢削り出しのアルミとABS樹脂を組み合わせた「アルミニウム・ハイブリッド・ハウジング」が、不要な振動を抑える。遮音性に優れたComply製の低反発素材のイヤーピースを付属した。

「AH-C50MA」は、専用開発の9ミリドライバーユニットを搭載。エラストマー(弾力ゴム)とABS樹脂を組み合わせた「ハイブリッド・ハウジング」により、安定した高音質サウンドを実現。

「AH-C120MA」と「AH-C50MA」のケーブルには、スマートフォンやiPod、iPad対応のリモートコントローラーとマイクを備えた。

価格はオープンだが、市場想定価格は「AH-C120MA」が1万円前後、「AH-C120M」が9000円前後、「AH-C50MA」が5000円前後。