終盤のバーディラッシュで単独2位に浮上した原江里菜!(撮影:ALBA)

写真拡大

<Tポイントレディスゴルフトーナメント 2日目◇22日◇若木ゴルフ倶楽部(6,304ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「Tポイントレディスゴルフトーナメント」の2日目。4連続を含む7バーディを奪取した原江里菜がトータル6アンダー単独2位に浮上した。
森田理香子の1打速報で大会2日目を振り返る!
 トータル2アンダー7位タイからスタートした原は4番パー3でバーディを先行させる。しかしトラブルが起きたのが続く5番ホールのグリーン上。アドレスに入った原のボールが傾斜で動いてしまったのだ。結果、1打のペナルティを課せられた原はそのホールをボギーとし、スタート時点のスコアに後退した。
 しかし「いいボギーだったので、忘れさせてくれました」という原はその後、8番、10番でバーディを奪取。続く難関11番ホールから連続ボギーを叩いてしまったが、圧巻だったのは14番からの4連続バーディ。本人も「ドキドキした」という猛チャージで一気にリーダーズボードを駆け上がった原は首位と1打差の単独2位で予選ラウンドを終えた。
 原のバーディラッシュを支えたのは重点的に練習したというアイアンの“ライン出し”。大きくアンジュレーションの強い若木ゴルフ倶楽部のグリーンをピンポイントに狙うショットの精度で攻略してみせた形だ。
 明日は森田理香子、イ・ボミ(韓国)と共に最終日最終組をプレーする原。2008年以来となる優勝については、「明日次第ですね」と自然体に構える方針だが、ツアー屈指のショットメーカー2人を相手にショット好調の原がどのようなゴルフを展開するのか今から楽しみだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
森田理香子が単独首位で最終日へ!光ったショットの“修正力”
LIVE PHOTOで「Tポイントレディス」2日目を振り返る!
遼、5アンダー10位タイに後退…池ポチャダボ響いて首位と9打差
ゴルフが好きな美人が集合 美ゴ女を見てね
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」