<アーノルド・パーマー招待 2日目◇21日◇ベイヒルクラブ&ロッジ(7,419ヤード・パー72)>
 フロリダ州にあるベイヒルクラブ&ロッジで開催されている「アーノルド・パーマー招待」の2日目。初日7アンダーの2位タイと絶好のスタートを切った石川遼は2バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの“74”でスコアを2つ落とし、トータル5アンダーの10位タイに後退。トータル14アンダーまでスコアを伸ばしたアダム・スコット(オーストラリア)との差は9ストロークに広がった。

 この日はINからスタートした石川はパーを並べて迎えた15番で見せ場を作る。セカンドはグリーン右手前のバンカーにつかまったが、約17ヤードのバンカーショットを直接放り込んでバーディを先行させた。難関の18番では約5メートルのパーパットをねじ込んでナイスセーブ。好位置をキープしたまま後半を迎えた。
 ところが、後半に入っても前半から引きずるショットの違和感を修正できない。2番パー3でティショットをバンカーに入れてボギーとすると、3番では右ラフからのセカンドを池に落としてダブルボギー。直後の4番パー5はバーディを奪ったものの、最終9番でもボギーを叩いて一歩後退した。
 首位との差は大きく広がったものの、2位とはまだ2打差。世界ランキングを上げてのマスターズ出場のためには今大会で優勝に限りなく近い結果が求められるだけに、集中力を高めて週末の決勝ラウンドに挑む。
【2日目の順位】
1位:アダム・スコット(-14)
2位T:J・B・ホームズ(-7)
2位T:チェッソン・ハドリー(-7)
2位T:フランチェスコ・モリナリ(-7)
5位T:キーガン・ブラッドリー(-6)
5位T:ジェイミー・ドナルドソン(-6)
5位T:ジェイソン・コクラック(-6)
5位T:ブラント・スネデカー(-6)
5位T:モーガン・ホフマン(-6)
10位T:石川遼(-5)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【おさらい】石川遼、マスターズ出場権確保の条件は?
1ホールで11打も…B・ワトソン、“83”の大たたきで初日終了後棄権
Tポイントレディスであの美人プロの一打速報配信!