これが我が子どもたちお目当ての品

写真拡大

牛丼屋は一人で行く場所だと思っていたが

 週末、妻と初めて牛丼の「すき家」(ゼンショーHD:7550)を訪れた。正確には子供2人を連れてだったので家族で訪問したわけだが、結婚生活9年にして妻と牛丼屋に入ったのは初めてである。

 ラーメン屋などはよく行くのだが、「牛丼屋イコール一人で行く場所」という式が自分の頭の中にあって、妻や家族で行くとは想定だにしていなかった。では、なぜ今回すき家にいったか、それは小学1年生の息子が行きたいと言ったからだ。

 お目当てはクレヨンしんちゃんのおまけ。水陸両用で走るこのおもちゃ。机の上でもお風呂の上でもスイスイと走る、そんなところに惹かれたとのこと。息子はゴキゲンに「すき家の牛丼♪」とテレビCMのジングルを歌いながらお店に向かった。

 店に到着するなり、早速子供達(小1と2歳)は「すきすきセット」を注文する。が、「すき家の牛丼♪」と歌いながら店にやってきた小1の息子は、なんのためらいもなく牛丼ではなくカレーのセットをオーダー。「おい、牛丼じゃないのかよ!」とツッコミたくなったところをグッとこらえ、やっぱり子供にはカレーの方が強いようである。

牛丼屋なのに、妻はオーダーに時間がかかる

 私はメニューを見ることもなく牛丼の並盛りに決定。私の中には牛丼屋に入ると並盛りをオーダーするという行為がインプットされている。多くのサラリーマンも同じではないだろうか?並盛りじゃなくとも、牛丼屋で頼むものはいつも同じというパターンだ。

 一方、妻は注文にやたらと時間がかかる。すき家が吉野家(吉野家HD:9861)と一番違うのはこのメニューの豊富さであろう。メニューを増やせばこのようにオーダーに時間がかかって客の回転が悪くなる。しかし、オーダーするという楽しみを提供できる。このオーダーすることの楽しみは、以前書いたマクドナルドのコラムと通じるところがある。しかし、メニューが豊富と言っても、所詮はトッピングをどうするかぐらいのことであり、基本が牛丼であることには変わりはない。

やはり牛丼は早い!

 さて、商品だが、私の並盛りと妻がオーダーしたネギ玉牛丼が先にやって来た。子供達がオーダーしたすきすきセットはまだだ。牛丼はやはり提供時間が早いのだ。やや遅れてすきすきセットがやってきたが、その頃には私の並盛りはもう半分ぐらいにまで減っている。

 結局、子供たちがおもちゃで遊んだりしながら食べ終わるまでの時間は、キチンと測ったわけではないが、私が一人で牛丼屋で食べる時の時間の3倍ぐらいは滞在したと思われる。

 先に食べ終わって、店内を見渡すと、なるほどいるわいるわ、うちと同じような子連れのファミリー層。訪問したのは札幌市内にあるロードサイドのお店であり、カウンター席もあるが、家族連れが来ても問題ないようにテーブル席も充実していた。

 結局我々の滞在時間中、子連れのファミリー層が計5家族いて、どの家族も子供たち(幼稚園から小学生と思われる)はクレヨンしんちゃんのおもちゃがもらえる「すきすきセット」を注文していた。そして、多くは牛丼ではなくカレーでのオーダーであった。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)