自身2番目に悪いスコアを叩いたワトソン(Photo by Sam GreenwoodGetty Images)

写真拡大

<アーノルド・パーマー招待 初日◇20日◇ベイヒルクラブ&ロッジ(7,419ヤード・パー72)>
 フロリダ州にあるベイヒルクラブ&ロッジで開幕した「アーノルド・パーマー招待」の初日。バッバ・ワトソン(米国)が“83”の11オーバーと大たたきを演じて、ラウンド終了後にアレルギーを理由に棄権した。

 INコースからスタートしたワトソンは15番でボギーが先行すると、16番バーディの後18番でトリプルボギー。後半も1番、2番とボギーを叩くと、迎えた6番パー5ではティショットを池に2度落とすなどして“11”を叩いた。
 11オーバーの“83”はワトソンにとって2008年の「メモリアルトーナメント」第2ラウンドの“84”に次ぐPGAツアーでの悪いスコア。2013年マスターズ覇者アダム・スコット(オーストラリア)がコースレコードタイとなる“62”を叩きだして単独首位スタートを切る中、2012年のマスターズチャンピオンは早々に姿を消した。
【初日の順位】
1位:アダム・スコット(-10)
2位T:石川遼(-7)
2位T:ジョン・メリック(-7)
4位:ゴンサロ・フェルナンデス・カスタノ(-6)
5位T:ブラント・スネデカー(-5)他
5位T:モーガン・ホフマン(-5)
5位T:ポール・ケーシー(-5)
5位T:ジェイミー・ドナルドソン(-5)
5位T:ジェイソン・コクラック(-5)
5位T:フランチェスコ・モリナリ(-5)

<ゴルフ情報ALBA.Net>