©2013 Disney Enterprises, Inc.

写真拡大

3月21日(金)より公開の映画『ウォルト・ディズニーの約束』は、名作映画『メリー・ポピンズ』が生まれるまでの実話を映画化。先日行われたウレぴあ総研の独占試写会では上映後にアンケートを行い、観た後「感動した」「涙が出た」「切なかった」と答えた人が半数を超えた。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

"なぜこの映画がそんなに多くの人の心を動かしたのか?"を紐解くとミッキーマウスと夢の国「ディズニーランド」を生み出した偉大な人物、ウォルト・ディズニーの知られざる一面が描かれている点が要因として大きい。

実は名作『メリー・ポピンズ』の誕生の裏には映画化を頑なに拒む、原作者P.L.トラヴァースの存在があった。強くこの作品の映画化を望んだウォルトだったが、トラヴァースはなかなか契約書に判を押さなかった。誰もが不可能と思ったこの映画製作をウォルトはどのような”魔法”で実現し、成功へと導いたのか?

ここで、映画『ウォルト・ディズニーの約束』を通して、不可能を可能にしてしまうウォルト・ディズニーのビジネス精神を見習ってみたい。

■1.相手の喜ぶ顔が大好物!「おもてなし」の心を忘れない

徹底的に相手をもてなすのがウォルト・ディズニー流。映画化を頑なに断り続けていた『メリー・ポピンズ』の原作者トラヴァースだが、ついに話し合う意思を見せ、カリフォルニアにあるディズニースタジオにやってくることに。

彼女が空港に到着するやいなや、リムジンでお出迎え(専用運転手付き!)。ホテルの室内もミッキーやミニーのぬいぐるみがあちこちに置かれ、風船が周囲に飛び交うといった、まるでディズニーランドの一部のような演出でお出迎え。「とにかく人の喜ぶ顔がみたい」というのがウォルトのポリシーなのだ。

■2.子どもの頃の気持ちを忘れず、家族を大事にする

ウォルト・ディズニーが『メリー・ポピンズ』の映画化にこだわったのは、20年以上にもなる。

もともとは娘の愛読書で、彼も興味を惹かれて読んでみると、たちまち魅了された。「パパが絶対これを映画化する!」と約束したウォルト。彼はトラヴァースに会うと、自身の想像力あふれる絵コンテや、シャーマン兄弟の手がけた軽快なミュージカルナンバーを披露して、彼女の心をつかもうと努力するが、彼女はその奔放なウォルトの発想にまったく乗り気ではない。

どんなに彼女にダメ出しをされても、「映画化する」という思いを捨てようとはしない、ウォルト。その気持ちがブレない根底には「娘との約束」があったからだ。

素顔のウォルトもパーティや会合などは好まず、家族と過ごすのがいちばんと考えていたようだ。

■3.頑固だが、相手を理解しようと努める

ウォルトもトラヴァースに負けず、頑固だ。

「私の物語がハリウッドの軽薄さで台無しにされてしまう」だの「アニメーションはダメ、ミュージカルなんて論外よ!」だのとウォルトの創作が何もかも気に入らないトラヴァースだが、彼はめげず、自分が信じているものを貫こうとする。

そして同時に、彼女を理解しようと極力努め、嫌がる彼女をディズニーランドに招待して、一緒にメリーゴーランドに乗っては彼女の違った一面を観察するのだった。

■4.ポジティブ思考で負けず嫌い

ウォルトはハリウッドに進出する前、一度会社を潰している。しかしめげずに一念発起してディズニー・ブラザーズ・カンパニーを立ちあげ、ネズミのキャラクターで勝負して大成功をおさめた。

つまり、打たれ強いのだ。

劇中でもトラヴァースに冷酷に対応されても、ウォルトはめげずに微笑み返す。社内の同僚が、そんな彼女に悪態をついても、決して悪口はいわず、苦笑いをするだけ。いつか彼女の心も動く、と信じて疑わない。その負から立ち上がる強靭な精神力は、まさに”ポジティブ思考”に支えられていたといえる。

■5.自分の弱みを武器に変えてしまう

ウォルトが『メリー・ポピンズ』にアニメーションを入れ込んだことを知ったトラヴァースは約束破りだと怒り、イギリスへ帰ってしまう。

結局「お金にふりまわされただけ」と思ってしまったトラヴァースだったが、ある晩、そんな彼女のところにウォルトがやってきた。トラヴァースの知られざる過去を感じ取ったウォルトは、自分の「過去のトラウマ」を彼女の前にさらけ出し、じっくり彼女と向き合う。

ウォルトが悲劇を前向きな気持ちに変えて進んできたことを知ったトラヴァースは、彼との距離を縮めるのだった。

■5.心の中で保険はかけておく

"自分の夢"が実現間近になったとしても、ウォルトは浮ついたりはしない。

ウォルトの情熱につき動かされ、『メリー・ポピンズ』はようやく完成した。が、彼はトラヴァースを完成披露に呼ばなかった。

なぜなら完成披露にはメディアがたくさんくるから。もしトラヴァースが映画を見て罵詈雑言を浴びせたら、たまったものではない。でも心配するまでもなく、作品は大好評に終わり、アカデミー賞5部門に輝く名作となるのだった。


いかがでしたか?

すでに映画を観た人たちの感想として印象的だったのは、「陽気だけど実は生活は楽しいことばかりではなく、それでも前向きに過ごしている。たぶんみんな楽しいことばかりじゃないけど、日々を楽しもうとしてると思う」(20代前半・女性)「ウォルトはビジネス以上に心と夢を大切にしている」(40代・男性)といった言葉。

「何事も楽しもう」という気持ちがウォルト・ディズニーという人物像の根っこにあり、不可能を可能に変える原動力になったのではないだろうか。

『ウォルト・ディズニーの約束』3月21日(金)公開

こちらのレポートもどうぞ!
東京ディズニーランド攻略法&裏ワザ記事まとめ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/19631 ]
東京ディズニーシー攻略法&裏ワザ記事まとめ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/19632 ]
ディズニー好きは狂喜乱舞!『ウォルト・ディズニーの約束』独占試写会募集 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/21054 ]