(C)2014 よしだもろへ/KADOKAWA 角川書店刊/いなり製作委員会

写真拡大

京都市と京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会は、京都を舞台としたアニメ作品「いなり、こんこん、恋いろは。」、「有頂天家族」と連携して製作した「京都探訪マップ」を、2014年3月19日から配布している。

あらすじ、登場人物も記載

作品内に登場する京都の各所を実際に巡ってもらおうと、立命館大学映像学部「企業連携プログラム」の一環として、同大学生の企画・ロケーションのもとに製作された。

「いなり、こんこん、恋いろは。」(よしだもろへさん作)は、主要舞台となる京都・伏見稲荷大社を中心に、変身能力を手に入れた主人公の伏見いなりが波乱万丈の恋模様を繰り広げる物語。その伏見稲荷大社のマップを掲載した。一方の「有頂天家族」は森見登美彦さんの小説をアニメ化したもので、美しい京都の情景を背景に、狸と天狗と人間が繰り広げる奇想天外な物語。 出町柳や四条を中心に、実在の建物や街並みを忠実に再現したシーンも多く、実際に見てみたくなるような場所の一部をマップにした。いずれもイラスト豊かに描かれており、あらすじや登場人物なども記載されている。

配架場所は、京都国際マンガミュージアム、京都主要地下鉄、京都総合観光案内所、立命館大学のほか、順次拡大される予定。