蘭世が!真壁くんが!『ときめきトゥナイト』の池野恋と映画がコラボ

写真拡大

漫画『ときめきトゥナイト』で知られる池野恋さんと、4月19公開のアクションアドベンチャー映画『シャドウハンター』とのコラボレーションが決定した。

『ときめきトゥナイト』は、吸血鬼と狼女を両親にもつ江藤蘭世と無口でクールな真壁俊の壮大なラブストーリーを描いた大人気少女漫画。
1982年に「りぼん」で連載スタートし1994年に第3部が終了、いくつかの読み切りを経て1999年に完結している。
また現在までに累計2800万部を突破し、昨年、新作『真壁俊の事情』が発売され14年のブランクを感じさせないほどの騒ぎとなり、書店では売り切れ続出。さらにはオークションで高値がつくなどの根強い人気を見せつけた。

【関連:「ときめきトゥナイト」15年ぶりに完全新作単行本発売―真壁俊視点のスピンオフ】

『ときめきトゥナイト』と映画『シャドウハンター』がコラボ

今回、映画『シャドウハンター』を見た映画宣伝プロデューサーが、『ときめきトゥナイト』の世界観を「ビシビシと感じた」という。
そして、池野さんに熱烈オファーを投げかけたところ、作品を見た池野先生も激しく同意し、池野恋史上初のコラボレーションが実現した。

コラボレーションでは、映画のポスタービジュアルを『ときめきトゥナイト』風にアレンジ。

中央のクラリー(リリー・コリンズ)は、主人公の江藤蘭世、向かって右側の最強のシャドウハンターであるジェイス(ジェイミー・キャンベル・バウアー)は、蘭世が想いを寄せる男の子 真壁俊、左側のクラリーの幼なじみサイモン(ロバート・シーハン)は、一時、蘭世に恋心を抱いていた筒井圭吾を彷彿とさせる。
さらに背後に立つクラリーたちの敵ヴァレンタイン(ジョナサン・リス・マイヤーズ)は蘭世の父、江藤望里似とファンには堪らない1枚。

なおこのイラストは全国の『シャドウハンター』公開劇場にてポスター、チラシとして見ることができる。

▼池野恋さんコメント
このコラボ企画のお話を頂いた時、今までやったことのないお仕事だったので、興味を持ちました。

ただ私の絵でキャラを表現できるのかしらと躊躇していところ、“自分の持ちキャラに当てはめて描いてみては”という案が出て、それならばということで、『ときめきトゥナイト』バーションで描かせて頂きました。とても楽しかったです。

■作品概要
タイトル:『シャドウハンター』(原題:The Mortal Instruments : City of Bones)
公開日:4月19日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
提供・配給:プレシディオ 
協力:ワーナー・ホーム・ビデオ
公式HP:www.shadowhunter.jp
原作:「シャドウハンター 骨の街」(創元推理文庫)

(C) 2013 Constantin Film International GmbH and Unique Features (TMI) Inc.
(C) 池野恋/集英社