結婚したらお金の管理はどうする?⇒奥さんに給料を渡したくない男性が74.8%!「俺の金は俺のもの」

写真拡大

毎月のお給料の入った袋をポンと奥さんに渡すのは、昭和のドラマで見慣れた風景です。でも最近はまるで様子が変わっている模様です。20代〜30代前半の男性は、結婚後、自分の給料を奥さんに渡すのでしょうか。それとも渡さないのでしょうか? アンケートの結果、「渡す」と答えたのは4人に1人の25.2%にとどまり、ほとんどに当たる74.8%は「渡さない」と答えたのでした。

■渡さない……74.8%

・「他人に自身のお金を管理させるなんてありえない」(25歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「俺が稼いだお金は、俺のものだから」(25歳/電機/営業職)

・「自分のほうが金融の知識があるから」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

・「お小遣い制はきついです」(25歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「勝手に知らないものに使われたらいやだしもめそうだから」(29歳/運輸・倉庫/技術職)

・「共働き別会計で、2人とも一定の生活費を出す、というのが理想」(26歳/その他/クリエイティブ職)

渡さない派には、お金を渡して奥さんに全て握られるのがイヤという心理が見え隠れしているようです。もしかしてこれは亭主関白の第一歩!? 一方で「共働き別会計」を主張する男性も。これからはこんなパターンが増えてくるかもしれません。

■渡す……25.2%

・「自分で管理するより奥さんに任せたほうが夫婦円満になりそうだから」(28歳/その他/技術職)

・「それくらい信用できなければ結婚なんてしないほうがいいと思うから」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「親がそうしており、しっかり管理しているため」(26歳/情報・IT/技術職)。

渡す派は、自分で管理するより、奥さんに任せたほうがベターと考える人が多いようです。やはり財布のヒモは妻がぎゅっと握っていたほうが家庭は丸く収まる?

さて、あなたは給料を自分で管理したいですか? それとも奥さんに管理してほしいですか? 自分の両親がどうしていたか、夫、妻それぞれの職業も影響してくるでしょう。お金に関してはそれぞれの人生観が色濃く反映されるものなので、結婚前に十分話し合っておいたほうがいいかも!?

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2013年10月にWebアンケート。有効回答数159件。22歳〜34歳の社会人男性)