写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●Blu-ray発売記念イベント - タワレコ編(その1)アミューズソフトは3月8日、東京・渋谷のタワーレコード渋谷店B1「CUTUP STUDIO」にて、Blu-ray『saku saku Ver.10.0/大きな分かれ道』の発売記念イベントを開催した。今回も昨年の同様、サクサカー・ぱぴいがイベントの模様を"私情たっぷりVer."でお伝えする。

イベントには、会場キャパシティの300人を超えるサクサカー(『saku saku』を見ている人)が集結。2月10日、番組内において3月いっぱいで"アパートの屋根の上"体制が終了すること、黒幕(白井ヴィンセントの操縦士)が番組を離れること(ギフト☆矢野も離脱)が発表されたことで、しばらく番組を見ていなかったファンも会場に駆けつけていたようだ。

そして、始まった渋谷タワーレコードのBlu-ray発売記念イベント。司会進行役のアミューズソフト・松田氏のアナウンスの後、出演者の黒幕(白井ヴィンセントの操縦士)、トミタ栞、ギフト☆矢野、浪人生つ、カリフォルニア米(以下、カリ米)、IKAがステージに登場した。黒幕の開口一番「俺たち、今日はピリオドの向こう側に行くぜ!」とファンへ向かって声を掛け、会場は掛け声で熱くなった。アパート住人の最初の挨拶で大きな注目を集めたのがIKA。屋根の上の住人になる前はサクサカーであったことを明かしているIKAは、人見知りゆえの照れたしぐさ、そして番組内での"画伯っぷり"が人気を呼んでいる。イベント中も、すっかりお馴染みの「トミタのIKA守り」(トミタがIKAをフォローすること)が何度も飛び出し、そのたびに大きな拍手が送られた。

トークショーはまずBlu-rayの話題から。昨年と違った点について、トミタは「1年を通じて、アパート住人と打ち解けけてリラックスすることができた。映像を見ると顔色がぜんぜん違う」と笑顔で語った。また、番組ダイジェスト映像に関しては、ギフトが「好きなシーンは自分が出ているところ。逆に嫌いなシーンは後輩芸人の『ぶらっくさむらい』が登場した回」とコメント。器の小ささを存分に見せつけ、会場はブーイングが巻き起こった。さらにトークは特典映像のドラマ「時空の恋人」に言及。友情出演した松田氏に対して、トミタからは「短い時間だけどとても印象的」、黒幕からは「むしろ我々のシーンより目立ってた」など賞賛の声が上がった。

もちろん、今回もドラマの監督・脚本・音楽は黒幕が担当しているが、黒幕は脚本を書く前、やりたいことが3つあるとギフトに話していたという。1つは「トミタに血を吐かせる」ことで、黒幕は「映画みたいな医療の発達しない時代、男女の関係がよくなると突然、病が発覚するやつ」と解説した。残りの2つに関しては「クライマックスあたりのところ。他のところはどうでもいい」とカミングアウトし、トミタ&ギフト&カリ米からブーイングを受けることに。

●Blu-ray発売記念イベント - タワレコ編(その2)次にドラマの舞台である大分にちなみ、「大分のゆるキャラを考えよう」のコーナーに突入した。これまで全国のゆるキャラを描いたアパート住人だが、ここでも爆笑キャラが続出。まず、トミタは顔が温泉マークのトリ天が大好きヒップホッパー(名前不明)を描き、ドヤ顔で完成度の高さをアピールするも、黒幕から「温泉マークの湯気は3本じゃね?」との冷静なツッコミが入った。続く浪人生は、椎茸にキティちゃんマークがついた「ハーモニーちゃん」、ギフトは旅館で休憩中の黒幕をイメージした「大分のテレンス・リー」、カリ米は温泉のケムリとトリ天の化身「けむたろう」「鳥天狗」を披露した。

そして黒幕は、泡にまみれた褐色の男性芸人「別府くん」(理由は不明とする)を描いて会場の笑いを誘ったが、この一戦においてはIKAに勝てなかった模様。IKAは番組でも話題を呼んだ「大ちゃん」を描き、その瞬間、大分キャラNo.1を決める戦いは、圧倒的な戦力差(拍手の数)でIKAに決定した。

また、「アパート住人の中で、一番●●なのは誰ですか?」というアンケートも実施。「一番乙女な性格は?」では黒幕とギフトに票が分かれ、「一番人見知りなのは?」ではIKA、「一番頑固なのは?」ではトミタ、「一番無人島で生き残れるのは?」ではボーイスカウトの経験を持つ浪人生が選ばれた。その後、毎回恒例、アパート住人がロケ先で買ってきたお土産を来場者に抽選でプレゼントするコーナーも大いに盛り上がった。

そして、最後はお楽しみのコーナー「みんなでうたおうZ」の生披露。ギター・ボーカルはトミタ&黒幕、ベースは浪人生、ドラムはギフト、シンバルはカリ米というメンバーで『リンダリンダ』『贈る言葉』『サクサカーのうた』の3曲を披露し、会場はイベント一番の熱気に包まれた。

最後の挨拶で黒幕は「明日のビナウォークでのイベント、灰になろうぜ! 号泣しようぜ! 」とコメント。さらに「明日、海賊王に、俺は、なーーーるっ!」と、どこかで聞いたことのあるキメ台詞をサクサカーと共に叫び、渋谷タワーレコードでのイベントは幕を閉じた。

なお、3月9日には、神奈川県・海老名駅前のショッピングモール「ビナウォーク」で"屋根の上"体制最後のイベントが開催された。撮影OKの許可を頂いたので、ダイジェストとなるが黒幕のラストイベントの模様もお伝えする。

●Blu-ray発売記念イベント - ビナウォーク編3月9日には、『saku saku』の聖地・ビナウォークでBlu-ray『saku saku Ver.10.0/大きな分かれ道』の発売記念イベントが行われた。『saku saku』"屋根の上"シリーズのファイナルイベントということもあり、会場にはなんと4,000人のファンが詰め掛けた。イベントには、8日の渋谷タワレコイベントに引き続き、アパート住人はフルメンバーが参戦。

ビナウォークのイベントはsakusaku Ver.1.0〜Ver.10.0の13年間のロケ地を振り返るコーナーから。Ver.2.0でのベルギー&オランダロケに出発の時、空港でこのジェイソンマスクは何だと止められた話や、Ver.5.5であかぎあいの地元宮崎へ13年ぶりに訪れた際、魔王(あかぎあいの父)が年をとっておらず驚いた話などの裏話が飛び出した。また、ドラマに初挑戦したVer.9.0では、テキトーな感じでドラマを撮りたい黒幕に対し、それを許さないマジメな撮影スタッフによって何度も安八の町を走らされたことを笑い交じりに振り返った。

そして"屋根の上"シリーズの最後の作品Ver.10.0の話題。ドラマロケ成功の願かけで、ロケ中一切風呂に入らないと誓った黒幕だが、トミタの「なんか、生ゴミの臭いがする」発言で、ユニットバスのシャワー室に飛び込んだというエピソードを披露し、会場は爆笑に包まれた。また、今回のロケで、アパート住人たちの絆を再確認することができたとコメントし、それを聞いた黒幕は「もう1年、やりたかったなぁ……」と思わずホロリ。

その後、歴代MCから黒幕へ当てた手紙がトミタによって朗読されたので、その全文を紹介しよう。

■四代目MC・三原勇希からのコメント『せーの! ミノフスキー粒子! どうも「阪奈道路の鬼サソリ」こと、三原勇希です。こんなひどいあだ名をつけられ、ワケのわからない言葉と動きを発する事ができた屋根の上が、3月で終了になるなんて本当にさみしいです。サクサクで叩き込まれたガンダムや戦国の知識は意外と役立っていて、今では感謝しています。みんなと過ごした時間は本当に楽しかった。「No saku saku、No Mihara」だと卒業の時に言いましたが、そういう人たちがたくさんいるでしょうね。黒幕さんはみんなの大先生です。本当にお疲れ様でした。』

■三代目MC・中村優からのメッセージ『今までに『saku saku』を基準にして取り組んだら痛い目を見る仕事もありましたが、それでもこの仕事をしていく上で、さらには、歳を重ねて生きていく上で、「忘れたくない気持ち」を教えてくれたのが『saku saku』、そして黒幕さんです。言いたいことがありすぎるのですが、ひとつだけ。『saku saku』が私にとってそうであったように、個性的な彼女たちとの、屋根の上での日々が黒幕さんのこれからを支えてくれますように。本当にお疲れ様でした!』

■二代目MC、木村カエラからのメッセージ『黒幕さん、お元気ですか? 当時、サクサクMCをしていて、黒幕さんに鍛えられ、ガンダムには詳しくなるし、本当にいろんな経験をさせてもらい「わけのわからない大人でスゴイなぁ〜」と思っていました。そして、「黒幕さんはずぅ〜っと屋根の上にいるんだろうな〜」って思っていたので何だか寂しい気持ちですが、13年間もしゃべり続けてきたんですよね……本当にお疲れ様でした』

■初代MC、あかぎあいからのメッセージ『13年前に「saku saku」のMCになり、初めての収録日、男ばかりの現場に緊張し、音楽番組だと聞いていたのに音楽の話はなく、相方の人形が間に合わず、私ひとり……とか、「え〜、大丈夫なの!?」と心の中で叫んだことを今でも鮮明に覚えています。それから二年間、私の実家も含め、いろんな場所へロケに行き、現場ではみんなほんとに仲良しで、毎回、収録というよりは親戚の集まりみたいだったなぁ〜と。あの濃い〜2年間は、楽しい思い出ばかりで、ほんとに黒幕さん含め、皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。13年間、ほんとにお疲れ様でした。今後のご活躍も期待していますし、応援しています♪「saku saku」大好きです』

歴代MCからの手紙の読み上げが終了した後、観客から「13年間ありがとう! saku sakuフォーエバー!」というメッセージと共に、ファンからのコメントで綴られた幅5mのタペストリーが掲げられ、驚きの表情を見せた黒幕サプライズは大成功。その後の「みんなでうたおうZ」の生ライブコーナーに突入すると、「別府ヒップホップ」「杵築(きつき)のうた」「サクサカーのうた」の3曲を披露し、本日一番の盛り上がりを見せた。

そして、いよいよイベントは最終局面。メンバー1人1人の挨拶が行われた。トミタは「まったく芸能界を知らない状態で、初めてかかわった仕事がsaku sakuです。最初は戸惑っていましたが、収録を重ねるにつれ、この番組が長く続いた理由がわかりました。サクサカーさんからのお便りやイラストを見ると、他にはない良さがある番組で、将来こうなりたいという理想がここにありました。本当にありがとうございました」と深々と頭を下げた。

最後に黒幕は自分の気持ちを正直に伝えながらも、「でも、決まったことなんで、前進あるのみ。さらに見えたピリオドの向こう側めがけて突き進みます。思えば皆さんからのネタや写真あっての13年間だったと思います。本当ありがとうございました」と挨拶した。会場4,000人の観客は黒幕へ向けて大きな拍手送り、"屋根の上"シリーズ「saku saku」の最後のイベントは幕を閉じた。

最後にステージを降りる際、黒幕とトミタはハイタッチを交わし、笑顔でそれぞれの想いを感じとっているようだった。ありがとうsaku saku! ありがとう黒幕!!

(担当ぱぴい)