斎藤工、″映画の未来″熱く語った「才能ある若者が活躍する場が足りない」

写真拡大

2月27日(木)から3月3日(月)の5日にわたって映画ファンの熱気に包まれ、前年を上回る13,886人を動員する大成功で終幕した「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014」。

24回を数えたこの北国の映画祭に、メガホンをとった『サクライロ』(’12)の監督、オフシアター・コンペティション部門の審査員として参加した俳優の斎藤工を現地で直撃!

映画祭を振り返るとともに、映画のあり方や自身の今後に続いて熱く語った彼の言葉は、物を作ることや何かを表現したい人はもちろん、次世代を担う人たちの心に響くに違いない。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

斎藤工は連続ドラマ『僕のいた時間』や『劇場版 仮面ティーチャー』(’14)、などの話題作に出演する俳優にして、筋金入りの映画通としても実は知られている。

昨年に続いて参加した“ゆうばり”の審査員を務めたのもスムーズな流れのような気がするが、本人は「最初に話をうかがったときは、審査員という立場はないと思った。どちらかと言うと、役者は審査される側なので」と振り返る。それではなぜ最終的には受けたのか? その答えを聞くところから、映画に情熱を傾ける斎藤工の熱いトークは始まった。

■審査はその人の「次の作品が観たいか」が重要だった

「でも、いろいろ考えて、同じ審査員の根岸吉太郎監督などの作り手の目線とは違う、現場を経験している役者の目線で作品にスポットを当てられればいいなと思って、お引き受けしたんです」

その真摯で誠実なスタンスは、11本のノミネート作品の審査方法にも表れている。

「事前にいただいた作品のDVDを観てきて、審査をする映画祭もありますが、今回は”ゆうばり”で一般のお客さんと一緒にすべての作品と初めて向き合うことが重要だと思ったんです。自宅でメモを取りながら観る環境は最悪だし、どの作品がいちばん劇場の空間を支配したのか? は、お客さんと一緒に観ないと分からない。

この映画祭ではそれができたのがよかったです。後に観る作品が不利にならないよう、根岸監督の提案で3、4本観るごとに審査員同士がコミュニケーションをとったので平等な審査ができました」

その結果、31歳の女性監督・竹葉リサの『さまよう小指』がグランプリに輝き、光武蔵人監督の『女体銃 ガン・ウーマン』が審査員特別賞を、ウエダアツシ監督の『リュウグウノツカイ』が北海道知事賞を受賞。

3作品ともオリジナリティに溢れていて、ある意味、どれがグランプリになってもおかしくはないが、果たしてどこにポイントを置いて選考は行われたのだろうか?

「“ゆうばり”はグランプリを獲った人を支援する映画祭なので、その人を支援すべきか否か、その人の次回作を観たいかどうか、すでに監督として完成している人を支援する必要があるのか? 支援金で次に何を撮るのか? といったことが論点になりました。


中でも、プチョン国際ファンタスティック映画祭のマネージングディレクター、ジョンスク・トーマス・ナムさんは“ゆうばりはもっとディレクターを育てていかなければいけないんじゃないか”ということをすごく気にされていて。その人の“今”の瞬間ではなく“今後”に期待する、“点”ではなく“線”で考えている目線が素晴らしいなと思いました。

そんな中、僕の最後の一手は”ゆうばり”で出会った映画を志す若い人たちとのコミュニケーションの中から感じた自分なりの意見でした。それを押し通したんですけどね」

■才能ある若者が活躍できる場が、日本は足りていないと思う

それが何を意味するのかは3作品を観ていない人には伝わりにくいかもしれない。だが、斎藤工の眼差しがどこに向いていたのかは、今回、審査員をまっとうして大きな刺激を受けた彼の次の言葉から分かるはずだ。

「才能のある若者が活躍できる土俵や、彼らのスキルを磨けるような環境は日本には足りていない。

そういったものの必要性を、映画祭の主催者や映画の製作に携わる人たちだけじゃなく、僕たちのような表舞台に出るような人間も問題提議していくことに意義があると思うんですよ」

実際、映画祭期間中、すし詰めの屋台村で、若い監督たちと酒を酌み交わしながら明け方まで映画について語り合っていた彼の言葉にどんどん熱がこもってくる。

「ほかの自主製作映画の映画祭にも顔を出しているけれど、ビックリするぐらい面白い短編を撮る人がいるんですよ。

その人が長編を撮ったら面白いなと思っていて、自分と同じような気持ちになる大人を増やしていくのが僕の責務だと感じているから、資料をいろいろなところに配って勝手にプロモーションをしているんですけど、その活動をもっと広げていかなければいけないと思いましたね」

その点では、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭の今後にも大きな期待を寄せている。

「“ゆうばり”に集まってくる才能と、理論ではなく、同じ熱量で向き合える大人たちが審査員やゲストなどの映画祭の関係者にもいることがポイントになると思いました。

僕は一役者として、今回のコンペの作品の中にも、この監督の作品に出たいと思うものが何本かありましたからね。逆に、自分が出ることで作品が変容してしまうといけないので、どういう関わり方がいいのか分からないけれど、援護射撃はできる。

例えば、自分の知り合いの配給会社の人に観てもらったり、キャスティングのお手伝いをしたり……。作品の惚れ方や愛し方はさまざまだし、ただ役者として“使ってください”というのではなく、いろいろなスタンスで関わっていけたらいいなと思っているんです」

「撮るべき人っているんですよ。監督になるべき人たちっているんですよ。その人たちが撮るべきだと思います」と力説する。

「本人は撮りたいとも思っていないのに、仕事やシステムの一環で監督をしている人もいますよね。その人たちが安易に監督ができる環境を疑問に思うし、それができるのならもっと若者にチャンスを与えてくれよ!って叫びたい。撮りたくても撮れない才能とそういった環境は直結した方がいいし、彼らこそ優先すべきだという考えはずっと変わっていない」

それは、才能ある自主製作映画の監督たちとも触れ合ってきた斎藤工が肌で感じている実感だ。

「自分の半径だけで手いっぱいの大人たちが増えてきてしまったから、映画を志す若者たちは自分で切り開いていかないといけない。でも、それだと(経済的にも精神的にも)傷だらけになるので、結構その接触を避けて“自主”の世界で甘んじている人も増えている。それが残念でならないんですよ」

その人たちをどうにかしたい。というよりは、彼らが生み出す“映画”を観たいという衝動が斎藤工を突き動かしているのだ。

「お客さんが映画館に足を運ぶきっかけを作るのが、“役者”としての僕の立場だと思っていて。

僕の存在が家を出るきっかけになって、それで観た若い人たちの映画に衝撃を受けてくれればいいなと思っているんです。

そういう役割を果たしたいという意味では今後も役者を続けていくと思うんです。僕の根っこにあるのはやっぱり映画なので、いずれは製作や配給、買い付けやキャスティングの仕事もやっていきたいと思っているんです」

それにしても熱い。映画好きは世界中に吐いて捨てるほどいるが、映画についてこれほど全身全霊で向き合おうとしている人はなかなかいない。

■高校時代に1500本もの映画を観まくった斎藤工の原点とは?

それこそ高校時代に近所のレンタルビデオ店で「あ」から順番に1500本もの映画を観まくった彼を、ここまで映画に向かわせたものは何だったのだろう?

「中3か高1のときに観た黒木和雄監督の『竜馬暗殺』(’74)がきっかけですね。それまで僕が観ていたテレビの時代劇は殺陣が綺麗なものばかりだったんですけど、あの映画で初めて刀が完全に刺さったまま立ち回りをしているのを観て、“江戸に生きる”ってこういうことなんだなと思って。

それこそ役者の仕事は、スターと呼ばれる美男美女がさらに綺麗なメイクをしてもらって人前に出る仕事だと思っていたんですけど、そうじゃないことが分かった。

むしろ内臓を出すような『竜馬暗殺』を観たときに凄まじい興味を持ったし、役者は人間が普通は隠す部分をさらけ出す仕事なんだって知ったときに、自分に自信がない僕は適任だと思ったんです(笑)。自分が人に見せたくないと思っていた醜い部分こそが、実は役者の仕事の肝だと気づいたんですよ」

そこから始まり、役者をしながらどんどん強くなったある確信が、斎藤工を彼自身が夢みる“未来”の映画の製作に駆り立てているのかもしれない。

「僕は映画は総合芸術だと思っているし、チャップリンが『独裁者』(’40)を命がけで作ったように、映画には多くの人々の心を動かす強い力がある。

僕は映画でそういうことを学んできたから、未来の子供たちに向けてそういう映画を作りたい。

それこそ、去年の大河ドラマ『八重の桜』には西島秀俊さんやオダギリジョーさん、長谷川博己さん、村上淳さんといった同じような想いのシネフィルがたくさん集まっていて(笑)。

居酒屋で呑んで話して生まれたような“何かやろうぜ!”というエネルギーをそのまま映画にする作業をしていきたいんです」

「それをすでにやっているのが、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭なんですよ」と話が一巡した。

「ここで出会ったクリエイターたちが一緒に作品を作る。そのルーティンこそが僕は映画祭特有のことだと思っているし、人と人との出会いから生まれることはやっぱり強いんですよ。そういう流れを僕は作っていきたい。海外のように役者主導の映画がもっとあっていいと思うし、僕も自発的にそれを実現させるための懸け橋になっていけたらいいなと思っています」

夕張市の財政破綻で一時は存続が危ぶまれたものの、見事な復活を遂げ、いまでは若い映画監督の育成、誕生させる場として往時以上の活気に湧く「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」。

そして、その息吹きに触れて、自らの考えを確かなものにした斎藤工。その出会いは運命的なものだったのかもしれない。そのことは数年後の“未来”が証明してくれるはずだ。

<オフシアター・コンペティション部門>

●グランプリ

『さまよう小指』
桃子は5歳から片思いをしている涼介のクローンを作り、同棲を始める。ところが涼介本人にクローンの存在がバレてしまい……。

●審査員特別賞

 『女体銃 ガン・ウーマン』
身体に銃を埋め込んだ暗殺者“女体銃”が繰り広げる、血と復讐のエクストリーム・アクション。壮絶なヒロインを『片腕マシンガール』の亜紗美が怪演!

●北海道知事賞

『リュウグウノツカイ』
|不漁が続く小さな漁師町に巨大な深海魚が打ち上がり、少女たちは集団妊娠を計画する。アメリカで実際に起きた女子高生集団妊娠騒動を題材にした青春映画。

こちらのレポートもどうぞ!
2014年に見ておくべき映画、厳選25本!【日本映画編】 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/20341 ]
2014年に見ておくべき映画、厳選25本!【洋画編】 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/20148 ]
実写化で期待以上?期待はずれ!? 2014年「人気原作の映画化」まとめ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/19832 ]