お金を使わず超ラクラク人生 株主優待生活のヒミツ
数々のバラエティー番組に出演し、牾主優待生活者〞としてすっかりおなじみになったプロ棋士で個人投資家の桐谷広人さん。衣食住のうち狃〞以外のほとんどを優待で賄っているというから徹底している。なぜ桐谷さんはそれほど優待にのめり込んだのか? その背景には、バブル景気以降30年にも及ぶ株式投資経験から得た独自の哲学があった。株の楽しさと恐ろしさを知り尽くした桐谷さんの投資人生を振り返りつつ、3月権利駆け込みでまだ間に合う優待犇傭〞銘柄を紹介!

ファッションもすべて優待でコーディネート

「今日着ている服も、靴やバッグ、財布もすべて優待によるもの。自分で買うことはまったくありません」と飄飄と語り始めた桐谷さん。バラエティー番組の牘藹〞かと思っていたが、正真正銘、うそ偽りなく生活のほとんどを株主優待だけで賄っているようだ。

「さすがに家賃は現金で支払っていますが、米や肉、魚などの食料品は優待で送られてきますし、居酒屋やレストランで優待券を使えばタダで飲食できます。もう5年近く、こんな生活をしています」

桐谷さんが優待生活を始めるきっかけとなったのは、2008年のリーマン・ショックだった。2005年の小泉相場で一時は約3億円まで膨らんだ資産が、リーマン後の世界同時株安で6分の1の5000万円弱まで減少した。「信用取引で大きく張りすぎたのが裏目に出ました。そのころ、すでにプロ棋士を辞めて収入が途絶えていたうえに、追い証でどんどん預金がなくなっていったんです。猩係紊涼澆┐なくなってしまう〞と、恐ろしくなりましたね」

それまでにも1990年代のバブル崩壊、2006年のライブドア・ショックと、何度も暴落による恐怖を味わってきた桐谷さんだが、さすがにこれほど資産を大きく減らした経験はなかった。「資産を一気に失うと、絶望的な気分になるものです。爐修鵑併廚い脇鹽戮箸靴燭ない〞と思って、信用取引からキッパリと足を洗い、優待生活を始めることにしたんです」

ただでさえ追い証で預金がどんどん減っていたので、なるべく余分なお金はかけず、優待で生活を済ませたいという思いもあったようだ。

桐谷さんにはかつて、雑誌で「株主優待投資家」として取り上げられて気をよくし、「どうせなら日本一を目指そう」と優待株をあさっていた時期があった。そのころ買い集めた優待銘柄は実に400を超え、幸いこれが現在の優待生活を支える貴重な財産となったのだ。

優待生活のおかげで積極的な生き方に変わった

「ありがたいことに、どこかの企業から毎日2〜3件の優待品や金券が送られてきます。追い証の原資を確保するため、やむをえず一部の株を売り払ったことはありますが、基本的に損切りはしない主義なので、どんなに値を下げてもひたすら株を持ち続けます。おかげで今でも400以上の優待銘柄が残っていて、毎日何かが届くわけです」

もっとも、どんどん送られてくるのはいいが、肉や魚、果物といった生ものの優待品は早く食べないと傷んでしまう。届いていたことを忘れて、せっかくの食品を台なしにしてしまうこともあるようだ。

「なるべく早く食べようとは思うんですが、山のように届く優待品の下のほうに置いてしまうと、ついつい忘れてしまうことも。もうちょっと整理すればいいんでしょうが、最近はテレビ出演や雑誌の取材で忙しくなっちゃって、身の回りのことをする時間もないのが悩みのタネですね」

居酒屋やレストランなどを運営する会社の無料優待飲食券なども、その多くは有効期限がある。そこで桐谷さんは、優待券を無駄にしないように有効期限の迫ったものを片っ端から使っている。日ごろ持ち歩いているミニポーチには、札束ならぬ優待券の束がぎっしり。

東京の街中をママチャリでさっそうと走る桐谷さんの姿はテレビ番組などですっかりおなじみとなったが、有効期限の迫った優待券を無駄にしないように、全速力でいくつもの店を駆け巡って使い切る姿には、思わず感動すら覚えてしまう。

食事や酒だけでなく、映画鑑賞やスポーツクラブなど、桐谷さんが優待券で利用するサービスはかなり幅広い。行動的なライフスタイルが実践できるのも、「優待生活だからこそ」なのだという。

銘柄選びは利回りのほか業績や財務力もチェック

「プロを目指して18歳で故郷の広島県竹原市から上京したんですが、プロ棋士になるまでの7年4カ月間は本当に貧乏な生活を送っていました。そのせいか、今でも貧乏性が抜けなくて、お金を持っていてもほとんど使いません。だからどうしても出無精になってしまうんですが、優待券は利用期限が決められているので無理にでも使わないともったいない。おかげで、もともとあまり行動的ではないのに、映画やスポーツを積極的に楽しむようになりました」

制約があるほうが、むしろ人生をエンジョイできる。なんだか逆説的にも思えるが、桐谷さんの人生が優待生活で一変したことは間違いない。

400以上の優待銘柄を持つ桐谷さんだが、どのように選んでいるのだろうか。

「最初のころは『優待日本一』を目指してやみくもに買っていたので、基準は設けていませんでした。いらないものもけっこう届くので、もっと選別をすべきでしたね。これから優待株を買う人は、自分にとって使い勝手のいい商品がもらえる銘柄を選ぶことです」

迷った人は、何にでも使えて、金券ショップに持って行けば換金もできる商品券やクオカード(汎用型プリペイドカード)などがもらえる銘柄を選ぶのも方法だろう。「私は、優待でもらったクオカードと図書カードをそれぞれ290枚ほど持っています。リーマン・ショック後にお金がなくなって本当に困ったときは、金券ショップにクオカードをまとめて売ってしのぎました。いざというときに役立つものですね」

また、言うまでもないことだが、優待の魅力ばかりに惑わされず、会社の実力や財務力などをしっかりと探ることも大切だという。これは、桐谷さん自身の苦い経験に基づくアドバイスである。

「やみくもに優待銘柄を買っていたころに、山一證券やライブドア、日本航空など、後に破綻や上場廃止に追い込まれた銘柄をいくつも買って大損をしてしまいました。2005年の小泉相場のころは、株主を集めたくて無理に豪華な株主優待を提供する企業も多かったんですが、業績や財務状況が悪く、ライブドア・ショックやリーマン・ショックで破綻に追い込まれた企業もかなりありました。今、株主優待を出している企業の多くは、それほど財務は悪くないと思いますが、念のために注意したいですね」

優待の利回りだけでなく、有利子負債などもきちんとチェックしたほうがよさそうだ。

もちろん、買うタイミングとしてはなるべく安いところがいい。そのほうが優待利回りと配当利回りを合わせた「利回り」も大きくなるし、株価の上昇によるリターンも期待できるからだ。

「以前はPER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)など気にも留めていなかったんですが、最近は割安かどうか、理論株価の高さなどを目安にして銘柄を選んでいます。とにかく高いところで買うことは絶対に避けたいですね」

うっかり高値で買っても損切りは絶対にしない!

アベノミクス相場が始まる2012年末までは、優待+配当利回りが5〜6%という銘柄がかなりあり、なかには20%以上のものも。さすがにそこまで利回りの高い銘柄は少なくなっているが、桐谷さんが推奨してくれた優待銘柄(下の一覧参照)の中にはいくつかある。探せばまだまだ見つかるにちがいない。

最後に桐谷さんは、「運悪く高値で買っても、損切りは絶対にしないほうがいいです」とアドバイスしてくれた。「株価が下がっても、長い目で見れば、その利益で含み損が穴埋めできるはずです」

これぞ、桐谷流優待株投資の極意である。

本日の桐谷さん“優待スタイル”

【ズボン】
アルペン(東1・3028)の優待券を利用して購入しました。同じようなズボンをたくさん持っています。

【ジャンパー】
ニッセンホールディングス(東1・8248)の優待(「シャディ」のカタログギフト)を利用して購入しました。

【シャツ】
イズミ(東1・8273)の優待券(1枚=200円分)とギフト券を利用して購入しました。

【ベルト】
日新商事(東2・7490)の優待(高島屋の選べるギフト「テイク・ユア・チョイス」)を利用。3000円相当のものです。

【靴】
ヒマラヤ(東1・7514)で定価1万2000円のウォーキングシューズが3990円で売られていて、優待券(1枚1000円)を4枚利用して買いました。

●桐谷さんおすすめの3月駆け込み投資で得する株主優待18銘柄

【マルハニチロホールディングス(東1・1334)】
175円(1000株)
優待+配当利回り:1.71%
最低投資金額:17万5000円

缶詰、瓶詰、ソーセージなど、賞味期限が長い食品をもらえるのでありがたい。選べる商品の種類も豊富です。

【エディオン(東1・2730)】
562円(100株)
優待+配当利回り:8.85%
最低投資金額:5万6200円

西日本を地盤とする家電量販チェーン。以前は10%引きの優待券でしたが、現在は25%引きとよりお得に。株価も上がってきています。

【カゴメ(東1・2811)】
1682円(100株)
優待+配当利回り:2.40%
最低投資金額:16万8200円

配当利回り、優待利回りがいずれも1%台とさほど高くはありませんが、新商品や人気商品を6品ほど詰め合わせた優待セットが人気です。

【なとり(東1・2922)】
1089円(100株)
優待+配当利回り:3.17%
最低投資金額:10万890円

珍味やおつまみのセットが好評。株価はアベノミクス相場が始まる前から上り調子で、キャピタルゲイン(値上がり益)も期待できそうです。

【イフジ産業(東2・2924)】
538円(100株)
優待+配当利回り:4.07%
最低投資金額:5万3800円

液卵や冷凍卵などを製造。3月と9月に「たまごギフト券」を送ってくれます。有効期限が5年と長く、100円単位で使えるのでとても便利です。

【TOKAIホールディングス(東1・3167)】
326円(100株)
優待+配当利回り:6.78%
最低投資金額:3万2600円

3万円台で買えて、配当利回りが3%台と高水準。年間で3000円相当のペットボトル入りの水がもらえ、優待利回りだけでも約10%に!

【山喜(東2・3598)】
194円(100株)
優待+配当利回り:22.03%
最低投資金額:1万9400円

紳士服やシャツを製造・販売。2000円の優待券が年2回もらえます。株は約2万円で買えるので、優待利回りはオドロキの20%超です!

【シダックス(JQ・4837)】
530円(100株)
優待+配当利回り:10.56%
最低投資金額:5万3000円

カラオケボックスのルーム料金、飲食代金として使える500円分の割引券がもらえますが、金券ショップで売れば約5%の利回りになります。

【ファンケル(東1・4921)】
1083円(100株)
優待+配当利回り:9.06%
最低投資金額:10万8300円

健康食品や基礎化粧品などが買える3000円の優待券を提供。体にいい「発芽米フレーク」などをもらいました。

【アトム(東2・7412)】
535円(100株)
優待+配当利回り:8.24%
最低投資金額:5万3500円

株価は5万円台で、女性に人気のパスタ専門店「La Pausa」などで使える年間4000円の優待ポイントがもらえるのでお得。

【ワタミ(東1・7522)】
1386円(100株)
優待+配当利回り:9.68%
最低投資金額:13万8600円

アンケートに答えると、ワタミグループの店舗での飲食代が2割引になる優待カードがもらえます。料理がおいしいので重宝しています。

【マルシェ(東1・7524)】
827円(100株)
優待+配当利回り:9.60%
最低投資金額:8万2700円

居酒屋チェーンを運営。「居心伝」ではお通しを出さないので、優待券を使うときに数百円分の無駄な出費が抑えられるのがいいです。

【ハークスレイ(東1・7561)】
765円(100株)
優待+配当利回り:4.05%
最低投資金額:7万6500円

弁当の「ほっかほっか亭」チェーン店の西日本を統括。保有株数に応じて1キロから3キロのおこめ券がもらえます。配当利回りも4%台と高いです。

【コロワイド(東1・7616)】
1077円(500株)
優待+配当利回り:8.32%
最低投資金額:53万8500円

株価は高いですが、3カ月ごとに1万円ずつ優待ポイントがもらえます。優待利回りは約8%。ポイントが1円単位で使えるのもうれしい。

【スクロール(東1・8005)】
304円(100株)
優待+配当利回り:6.48%
最低投資金額:3万400円

カタログ通販会社。500円の優待券2枚のほか3月株主は100グラムのお茶がもらえます。株価も約3万円とお手ごろです。

【テンアライド(東1・8207)】
309円(100株)
優待+配当利回り:6.50%
最低投資金額:3万900円

居酒屋チェーン「天狗」を展開。一部お通しのない店舗があるので、もっぱらそこで優待券を利用しています。

【武蔵野興業(東2・9635)】
190円(1000株)
優待+配当利回り:―
最低投資金額:19万円

東京・新宿で映画館を運営。年2回、半年間いつでも使える映画鑑賞券が12枚まとめてもらえ、見たいときにいつでも見られるのがありがたい。

【ヤマダ電機(東1・9831)】
358円(100株)
優待+配当利回り:1.67%
最低投資金額:3万5800円

家電などに利用できる525円分の優待券が受けられます。昨年5月以降、株価が大きく下がって割安水準に。買い時かもしれません。

桐谷広人(HIROTO KIRITANI)
個人投資家、将棋棋士

1949年10月、広島県竹原市生まれ。84年に東京証券協和会将棋部の師範を務めたことで株と出会う。2006年には約600銘柄(優待銘柄は約440)、時価総額にして約3億円を保有するが、2007年のサブプライムローン問題、2008年のリーマン・ショックで資産が大幅減少。最近は、アベノミクスで回復過程に。現在の保有株数は約600銘柄で、そのうち株主優待銘柄は約400に上る。バラエティー番組『全力!銭ナール』(毎日放送)や『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)への登場で現金を使わず、株主優待のみで生活をする姿が話題になり、テレビや雑誌を中心に活躍中。著書に『桐谷さんが教えるはじめての株主優待』(総合法令出版)など。



この記事は「WEBネットマネー2014年4月号」に掲載されたものです。