写真提供:マイナビニュース

写真拡大

4月26日と27日に千葉県・幕張メッセで開催される動画サービス「niconico」の超巨大イベント「ニコニコ超会議3」の「超ゲームエリア」で実施される企画やタイムテーブルが新たに発表された。

今回の情報は、3月17日にニコニコ生放送で放送された特別番組「【超会議3特番】超ゲームエリア詳細発表」にて発表。これによると、超ゲームエリアは「超ステージエリア」と「超体験エリア」の2つのエリアで構成され、さらに超ステージエリアには「超サンダーステージ」と「超ファイアーステージ」の2つが用意されるという。

予定企画としては、『太鼓の達人』『グルーヴコースター』『maimai GreeN PLUS』といった人気の音ゲー3機種によるコラボレーション企画「ゲームミュージックトライアングル」を、超サンダーステージにて開催。本企画では、アニソン演奏やコンポーザーとの対決などが行われる「超音ゲーステージ」の実施や、前述の音ゲー3機種がすべて無料でプレイできる体験ゾーンの設置が予定されている。

さらに、超サンダーステージでは、全員参加型の新しい脱出ゲーム企画「超脱出ゲーム〜不思議のダンジョンからの脱出〜」も実施。事前に申し込みを済ませた100人以上が力を合わせて、ダンジョンからの脱出を試みるという(参加申し込みは3月31日まで)。

一方の超ファイヤーステージでは、ニコニコ公式チャンネルで配信中の人気ラジオ『ぶるらじA』の公開収録を開催。『超ぶるらじA〜春〜』と題し、杉田智和、今井麻美、近藤佳奈子の3名が登場する。さらに、同ステージでは、AppBankのマックスむらいが謎の人物『ミスターK』と炎の三番勝負を行うチャレンジ企画も実施。対決内容は、パズチャレ、巨大ジェンガ、ババ抜きという3つのゲームとなっている。

超ファイヤーステージではまた、人間よりも大きな"デカスマホ"を使って『ぷよぷよ!!クエスト』『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』といったスマホゲームをプレイする実況企画も開催。さらに、これらのタイトルを来場者が実際に"デカスマホ"で遊べる体験ゾーンも設置されるという。

このほかにも、3DSソフト『ニコニコ』で提供している「すれちがいマーケティング機能」を利用した超会議スペシャル企画「すれちがいマーケティング」の開催をはじめ、ドラゴンクエストXの世界で最強またはユニークなパーティーを決める「ドラゴンクエストX超コロシアム大会」、お馴染みのトランプゲームで盛り上がる「ニコニコ超大富豪」、自作ゲームが大集合する「超自作ゲーム実況」、ファンタシースターオンライン2の新情報が満載の「PSO2放送局」など多彩な企画が予定されており、最新情報は特設ページにて順次発表。全体のタイムスケジュールは以下のとおり。

○「超ゲームエリア」タイムテーブル

(吉田美奈子)