守谷健太郎監督

写真拡大

テレビ版に続いて、大ヒット公開中の『劇場版 仮面ティーチャー』のメガホンもとった守屋健太郎監督に直撃インタビュー! テレビドラマからグレードアップした劇場版に込めた守屋監督の想いと狙い、監督だけが知る仮面ティーチャー=荒木剛太こと藤ヶ谷太輔の魅力とスゴさとは? さらに金造役の菊池風磨、草薙役のジェシーについてもたっぷり語ってもらった。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

遠藤憲一の迫力にも負けない
藤ヶ谷太輔に芝居の力に圧倒された

――監督はいつかヒーロー・アクションを撮りたいと思っていたんですか?

「最初の『仮面ライダー』のシリーズとか、70年代のヒーローものを小学生のころに経験しているので、憧れはずっと持っていました。でも、まさか自分が監督をするとは思ってなかったですね(笑)」

――それでは、最初にドラマの『仮面ティーチャー』の監督の話がきたときはどう思いました?

「最近のヒーローものって“正義とは何か?”ということをきちんと言えなくなっているような気がしていたんです。

いまの世界情勢と同じで、片方から見たら“正義”かもしれないけど、もう片方から見ると“悪”だったりして、世の中の問題が単純に“善悪論”で片づかない時代になりましたからね。それこそ、ヒーローの存在が非常に危うくなってきている。そんな現代で、ヒーローをどう描いたらいいのか? そこが自分の中では大きなテーマだと思いました」

――『仮面ティーチャー』は生徒と“心で向き合うのか?”、それとも“力で向き合うのか?”というまさに現代ならではの設定が新しくて面白いところだと思います。監督も“これだ!”という感触があったのでしょうか?

「そうですね。藤沢とおるさんの原作は連載当初から一読者として読んでいたので、日本テレビの植野浩之プロデューサーから“『仮面ティーチャー』を映像化しませんか?”という話をいただいたときは、二つ返事で“ぜひやらせてください”って言いました。

でも、仮面ティーチャーが何と戦い、何を守るのか? ということをきちんと考えておかないと、いまの多くのヒーローものと同じように彼の使命が何なのかが見えづらい曖昧な存在になってしまうと思ったので、そこからはすごく悩みましたね」

――悩んだ結果、どういう結論に至ったのでしょうか?

「ヒーロー像をもう一度考えたときに、僕が観てきた、自分の信念に向かって突き進んでいく昭和の熱血ヒーローを思い出して、あの昔ながらのヒーローをもう一度復活させたいなと思ったんです。

それが、愚直なまでに自分の想いを貫き通して傷つきながらいろいろな問題に向かっていく荒木剛太というひとりの教師になっていったわけです。彼が相手にするのは生徒であり、あるときは考え方の違う同じ教師の仲間であるわけですけど、彼らにどうやって自分の想いを伝えていくのか? そこに荒木剛太のヒーロー感を求めていって、いまの時代に懐かしくて新しいヒーロー像を再生させよう。それが僕の目指したところでしたね」

――荒木剛太のいつも空回りしているキャラクターが面白いですよね。

「そうですね。いまどきなかなかない(笑)。熱血教師ものというのは70年代から80年代にかけて、まさに『3年B組 金八先生』の時代がピークだと思うんですけど、そういう学園ドラマに共感できた時代から、この何十年かで“熱血”がダサくて、本当にパロディにしかならない時代になりましたよね。

そんな風潮だからこそ、藤ヶ谷太輔くんに愚直なまでに自分の信念に向かって突き進んでいく教師を敢えて演じてもらって、その熱いものをストレートに伝えたいと思いました。パロディややり過ぎのコメディの要素を混ぜるより、ストレートに伝えていった方が人の心にいまは逆に届くのかな、という気がしたんですよね」


――それでは、今回の劇場版ではどういったことを目指そうとしたんですか?

「テレビ版では、荒木剛太が金造(菊池風磨)や草薙(ジェシー)を中心とした不良の生徒たちとどう向き合うのか? をまずきちんと描こうと思ったんです。

それって、教師と生徒との関係性なんですね。しかも、荒木剛太はその第1話の時点で、つらい過去は背負っているけど、基本的には揺るがない、生徒に心でぶつかるという熱い信念を持っていた。それによって生徒たちの心を開いていく展開だったので、荒木剛太自身が大きく挫折をするということはなかったんです。

それにテレビ版で“対生徒”のドラマを描ききれたという手応えがあったので、次は生徒との物語ではなく、荒木剛太の物語をきちんと描きたいなと思って。荒木剛太にまず大きな挫折を味わわせて、彼がそこからどうやって再び這い上がるのか? という設定を考えた。

剛太が教師になるきっかけというか、ルーツになる高校時代の恩師の羅門(遠藤憲一)を登場させ、羅門との過去と現在の関係性を描けば、剛太の試練と成長を見せることができるかなと思ったんです」

――映画ならではの大きいスクリーンで見せるということで何か意識されたことはありますか?

「テレビ版はもともと若い女性に人気のある深夜のドラマ枠で放送されたんですけど、オンエアーが始まったら、意外と三十代以上の男性の方々が熱狂的に観てくれて。

藤沢とおるさんの原作のファンや『GTO』世代はもちろんですけど、作り手の僕と同じような、昭和のヒーローものを観てきた男性からすごく支持されているという話を聞いたので、劇場版は大人の男性にも興味を持ってもらえるような物語にしたいなと思ったんです。

それで羅門という、剛太よりもひとつ上の世代の教師を登場させて、さまざまな苦渋を味わってきた彼と剛太が教育論を戦わせながら、いまの学校教育、学校制度に必要なものは何なのか? という、より深いところに入っていくような物語にしたんです。でも、それは『仮面ティーチャー』の“ティーチャー”という単語が象徴する熱血学園ドラマの側面で、“仮面”に象徴されるヒーローものの側面ではやっぱりアクションをきちんと見せたいと思いました。

テレビ版は基本的に“対生徒”でしたから、生徒に暴力をふるわないポリシーを持った荒木剛太でアクションを描くのには限界があったんですね。でも、劇場版では生徒たちに害を及ぼす大人たちに対して力で立ち向かうことができたので、アクションをより大きく見せるような作りにしたところがあります」

――劇場版では、特にクライマックスのアクションが大きな見どころですね。

「実はあのシーンはクランクインして4日目ぐらいに撮影したんですけど、遠藤憲一さんはあそこから現場入りして(笑)。あの役で初めて登場し、いきなりクライマックスの撮影だったんですよ」

――でも、遠藤さんは藤ヶ谷さんのことや荒木剛太のことをあまり知らないあの段階でアクションシーンに突入できて逆によかったって言われていました。

「遠藤さんはどのシーンも全開で演じてくれるから、現場が緊張するのと同時に、藤ヶ谷くんだけじゃなく、みんなの気合も入って、いいシーンになりましたよね」

――藤ヶ谷さんも遠藤さんに自分の意見をぶつけて、相談しながら演じたと言われていました。

「そうですね。遠藤さん自身が“このセリフをこういうふうに言い変えたいんだ”とか“こういうふうに動いてもいい?”ってひとつひとつ確認してくれるんですね。自分とは3度目のお仕事で信頼関係もできていたから、遠藤さんがいろいろ相談しに来てくれたし、羅門像を決してただの“悪”ではなく、きちんと強さと弱さを兼ね備えた、血の通ったキャラクターにしてくれましたね」


――あそこまで叩きのめされながら立ち上がってくる藤ヶ谷さんもすごい迫力でした。

「いや、相手が遠藤憲一さんですから、藤ヶ谷くんがお芝居的にも勝てるんだろうか? という不安が撮り始めるまでは正直ありましたよ。

でも、始まってみたら全然負けてなくて。しかも、藤ヶ谷くんのあの強さはテクニックじゃない、遠藤憲一さんのような役者には小手先の芝居では到底太刀打ちできないとわかっているんですよ。まさに心で演じているというか。

荒木剛太という人間はこういう信念で戦っているんだから、絶対に羅門には負けないんだ、という気持ちが芝居に表れているような気がしました。心の底から演じることがあの芝居の強さになっていると思うし、それは藤ヶ谷くんが荒木剛太はこうあるべきだ!って考えてきてくれた結果です。

本当にビックリしました。撮っていて、僕自身が、あっ、藤ヶ谷太輔という役者はこんなにスゴいんだ! 遠藤憲一さんと対等に渡り合える演技ができる俳優なんだと感激しました」


――テレビ版を撮っているときはそこまで思うことはなかったんですか?

「そうですね。テレビ版ではどうしても荒木剛太が向かい合う相手が生徒だったし、演者としても藤ヶ谷くんは先輩じゃないですか。だから、むしろ後輩の役者たちの良さを引き出すような芝居をしていたような気がするんですよ。

それに対して、劇場版では遠藤憲一さんというすごい役者さんを迎えたことで芝居の厚みがどんどん増したし、作品自体も重厚な作りになっていったので、藤ヶ谷くん自身もその大きなステージに相応しい芝居ができるようになっていったんだと思います。

彼はそういうポテンシャルを持ち合わせている俳優で、そこがスゴいところですよね。どんどん成長していくというか、作品と共に大きくなっていく感じがしましたよ」


――守屋監督だけが知る、藤ヶ谷さんの魅力やスゴさをもっと教えていただけますか?

「藤ヶ谷くんは、基本的には努力を他人に見せないタイプだと思います。

たぶん、彼はすごく脚本も読み込んでいるし、いろいろ考えて演技をしていると思うんだけど、そういうところを見せるのはカッコ悪いという気持ちがきっとあって。どんなこともサラッとやってのけるのが彼の美学なんじゃないかな。でも、さっき話したクライマックスのお芝居なんかは考えていないとできないことなので、きっと悩んだり、反芻したりしながら、荒木剛太像を作り上げていったような気がしますね」

――菊池風磨さん、ジェシーさんに関してはどんな印象を持たれていますか? 劇場版では彼らもかなりハードなアクションに生身で挑んでいますが。

「荒木剛太によって金造も草薙もテレビ版より心を開くようになったし、表情も明るくなったので、演じやすい部分もあったと思います。

ただ風磨には僕がしかめっ面というか、“いつも人を睨むような表情でいてくれ”ってお願いして、睨みが足りないと“まだ金造になりきれてないよ。もっと険しい顔をして”って言っていたから、すごく大変だったと思います。

撮影が全部終わって、アフレコで会ったときはあまりにも笑顔の眩しいSexy Zoneの菊池風磨だったので、彼はこんなに普段はキラキラした可愛い表情をしているんだって驚きましたね。それぐらい現場では金造になりきってくれていたんだと思います」

――ジェシーさんについては?

「ジェシーと初めて仕事をしたのは、テレビシリーズを1本だけ監督をした『私立バカレア高校』(’12)のときなんですけど、あのときに比べて格段に演技の幅が広がりましたね。

彼が演じた草薙は影のある存在で、静かな芝居の中にすべての表情が圧縮されているというか、微妙な変化で喜怒哀楽を表現しないといけない。でもジェシーはそこで草薙なりの喜びや悲しみ、相手に対する信頼をちゃんと表現できていたので、1年でこんなに繊細な芝居ができるまでに成長したんだなと思いました」



――1月22日(水)の完成披露プレミア上映会では一般のお客さんと映画をご覧になったそうですが、手応えを感じたんじゃないですか?

「僕がビックリしたのは、剛太と羅門が素顔で向き合うクライマックスで早くも嗚咽が聞こえてきたことです。

剛太や羅門の痛みや想いにそこまで感情移入してくれているお客さんがいてくれるのが分かったし、帰り際には僕と同じぐらいの年齢の女性から涙ながらに握手を求められてすごく嬉しかったですね。もちろん基本はエンタテインメント作品なのですが、その根底にあるメッセージをきちんと受け取ってもらえていたので、手応えを感じました」

――映画のラストがあんなふうに終わるので、気が早いですが、続編を期待してしまいます。そのあたりはどんなふうに考えていますか?

「『仮面ティーチャー』というフォーマットって、そこは藤沢とおる先生のすごいところなんですけど、様々な可能性があると思うんです。

多くのヒーローものや学園ものがシリーズ化されているように、続けていくことの面白さがあるような気がします。いろいろな教育問題に荒木剛太がどう立ち向かっていくのか? ということを考えたら、ドラマの1シーズンとか劇場版の1本だけではすごく勿体ないというか。

続けていくことで、より深みが増していくと思うし、新たな面白さがどんどん出てくるような気がして。学校や生徒によって抱えている問題も違うので、そういうものをひとつひとつ丁寧に描いていけたらいいですよね。

時代に合わせていろいろな仮面ティーチャーが登場してもいいし、僕自身も続編を待ち望んでいる一人なんです(笑)」

2月22日(土)、TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた『劇場版 仮面ティーチャー』の初日舞台挨拶でも「ヒーローは必ず還ってきます」と大きな声で言いきった守屋健太郎監督。その言葉が現実になるのがいまから楽しみだ。

こちらのレポートもどうぞ!
【仮面ティーチャー】共演者・遠藤憲一に直撃! 藤ヶ谷太輔"男の魅力"と"思い出深い"シーン [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/21009 ]
『劇場版 仮面ティーチャー』特集 仮面宣伝マン"追っかけ!"の旅 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/20379 ]
【仮面ティーチャー】ジャニーズ総勢10名が悩める高校生に送った言葉は? "高校生限定試写会"ロングレポ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/21078 ]