[其ノ三 投信ファンダ編]信託報酬が低いほど運用成績が上がる?
長期間にわたって運用を行なうなら信託報酬が安いというメリットがあるインデックス型。信託報酬は販売会社によって違うが、パフォーマンスに差は出る?

信託報酬の低いインデックス型でもわずかな差が発生

日経平均株価が力強い上昇を見せた昨年は、日本株に投資する投信の人気が高まりました。証券優遇税制の終了を控えた昨年末には利益確定とみられる解約が相次ぎましたが、今年に入り、NISA(少額投資非課税制度)口座を中心に日経225インデックス型投信が安定した資金流入を保っています。

国内株式市場が底堅い動きを見せていることに加え、「投信積立」(毎月あらかじめ決められた日に一定の金額を自動的に引き落とし、投信を買い付ける方法)という購入方法が浸透してきたことも、注目を集める要因になっているとみられます。

インデックス型の中でも、日経平均株価に連動するタイプは本数、残高ともに厚みがありますが、ファンド間の運用方針に大きな差があるわけではありません。

各ファンドの運用方針にはどれも「日経平均株価に連動する投資成果を目指す」とあり、一見するとどのファンドを購入しても同じ投資成果を得られるかのような印象を受けます。しかし、運用期間中のコストに相当する信託報酬はファンド間でバラツキがあり、運用成績にも若干の差が生じます。

信託報酬の低いインデックス型のほうが運用成績は良好

この事象を検証するため、NISA口座や投信積立でもおなじみの日経225インデックス型投信について、それぞれの信託報酬率と3年間騰落率から散布図を作成してみたところ、信託報酬が低いファンドほど良好な成績を収めていることがわかりました。さらに、同じ日経平均株価に連動するインデックス型でも、最大で5ポイント以上運用成績に開きがあります。

インデックス型では、基準価額の値動きを、ベンチマークとして掲げたインデックス(今回の日経225インデックス型投信の場合は日経平均株価)の値動きに連動させ、お互いの変動率が一致するように運用を行ないます。

しかし、投信の運用には信託報酬がかかり、このコストは基準価額から控除されるため、実際のインデックスと基準価額の値動きを完全に一致させることは難しいのが実情です。信託報酬率の値だけを見ると小数点以下のわずかな差のように思えますが、保有期間が長期になればなるほどファンド間の運用成績に開きが生じます。ベンチマークを特に設定せずに上昇を狙って銘柄選定を伴うアクティブ型の場合は、手数料の水準が運用成績のよしあしを決定するとは一概に言えません。しかし、同じ投資目的を持つインデックス型については、信託報酬の低いファンドのほうが相対的に良好な成績を収める傾向にあります。

インデックス型は仕組みがシンプルでコストも安く、また、幅広い販売会社が取り扱っているため、NISAの制度開始に伴って目にする機会も増えたのではないでしょうか(現在NISA口座の開設数は約500万口座を記録)。今回紹介した日経225以外にもインデックス型投信は数え切れないほど多く運用されています。

どのファンドも同じと思わずに、ベンチマーク、信託報酬、そして運用成績を比較をしたうえで、購入するファンドを選ぶといいでしょう。

今月の海外投信ノ「値」3520億ドル

2013年の米国株式投信とETFへの資金流入額

調査会社のトリムタブスによると、2013年の米国の株式投信とETF(上場投信)への資金流入額は、1984年の調査開始以来最大となる3520億ドルになったとのことです。米国株高を背景に、約半分は米国株に特化したファンドが占めています。

【今月の投信師匠】
篠田尚子(SHOKO SHINODA)
楽天証券経済研究所ファンドアナリスト

慶應義塾大学法学部卒業。国内銀行、リッパー・ジャパンを経て、2013年11月より現職。情報収集力と分析力は天下一品!



この記事は「WEBネットマネー2014年4月号」に掲載されたものです。