私の部屋でアニメを楽しむキムとKIANたち。夜だとこのまま寝込んでしまうこともしばしばだ【撮影/志賀和民】

写真拡大

フィリピン在住17年。元・フィリピン退職庁(PRA)ジャパンデスクで、現在は「退職者の ためのなんでも相談所」を運営する志賀さんのマニラレポート。フィリピンでは家族は同じ部屋、夫婦はいくつになってもひとつのベッドで寝るのが当たり前。親しい間柄なら、男女が同じ部屋で寝ても問題ないという。それは住宅事情が許さないからではなく、「うれしい」からなのだ。

 昨年の話だが、PRA(フィリピン退職者庁)のノエル営業部長(女性)と部下のマービン課長(男性)が東京ビッグサイトで行なわれる「ロングステイフェア」に参加するために、安いホテルを探していた。

 私はビジネスホテルの部屋をロングステイ財団から提供してもらっていたが、そこはコーポレートレートでツインが1万4000円だった。そのことを彼らに話すと、ツインを二人で利用すれば予算におさまるのでそこを予約したいとのことだった。

 男同士あるいは女同士ならまだしも、上司の女性と部下の男性がいっしょの部屋に泊まるのだという。びっくりして日本ならスキャンダルだと話すと、自分たちは家族のように親しいから大丈夫なのだという。

 ちょっと逆説的だが、男女が同じ部屋で寝ても、親しい間柄ならフィリピンではスキャンダルでもなんでもないのだ。

家族のように親しい間柄なら、一緒に寝ても問題なし!

 さらに一昨日の夜、私の仕事のパートナーであるジェーン(女性)と息子のKIANと一緒に、17歳になるキム(KIANの腹違いのお姉さん)が、私の部屋で寝ると言い出してびっくりした。理由を聞くと、自分たちの部屋がペンキ塗り立てで、臭くて寝ることができないのだという。

 しかし、ジェーンは国家警察に勤める旦那がジャカルタに出張中で、その間に妻が他の男(私のことだ)の部屋で寝るなんて、日本だったら夫婦喧嘩では済まないだろう。しかしフィリピンでは、家族のように親しい間柄の人間が一緒に寝たところで、何の問題も抵抗もないようなのだ。

 最近、キムとKIANが私の部屋でDVDのアニメを見ながら寝込んでしまうことにがよくある。花も恥らう17歳のお年頃の娘が私のベッドに寝ているのにはいささか抵抗を覚えるが、本人はなんともないようだ。やめるように説教したとしたら、逆に私が下心を抱いているようで言い出すことさえもはばかられる。

 ちなみに私の部屋のテレビはUSBが使えるので、USBのメモリーにKIANの好きなアニメをたくさん保存して、それを見て楽しんでいるのだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)