制作秘話も満載!ゲームシナリオライター5人による指南書『ゲームシナリオを書こう!』が発売

写真拡大

5人のゲームシナリオライターが創作のヒントについて書いた『ゲームシナリオを書こう!』(1600円)が青弓社から4月25日に発売される。

著者は、川上大典(『もえスタ 〜萌える東大英語塾〜』『魔法学園 デュナミス・ヘブン』)。そしてともに本書をガイドするのは、米光一成(『ぷよぷよ』『魔導物語』)、笹成稀多郎(『THE IDOLM@STER』『Ever17』)、鈴木理香(『アナザーコード』『ウィッシュルーム』)、門司(『雨に歌う譚詩曲』『Blue-Sky-Blue【s】』)という豪華メンバーだ。

【関連:劇場版『THE IDOLM@STER』公式“痛印”が発売決定】

『ゲームシナリオを書こう!』表紙

ベテランから新人まで、現役で活躍中のゲームシナリオライターが、一堂に会して書かかれた本は珍しい。
そして、基本的な要素は押さえつつ、初心者でもわかりやすく書いてあるのが本書の特徴だ。

米光一成の「キャラクター作りの秘話(アルル・ナジャのモチーフがなんと……)」や、鈴木理香の「ゲームシナリオを書くために大切なこと」など、読みどころ満載。
また、NEXTONの許可を得て川上が書き下ろした、『ONE 〜輝く季節へ〜』の二次創作のサンプルシナリオも収録されている。

表紙は、イラストレーターの美樹本晴彦(『超時空要塞マクロス』『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』)が担当し、挿絵は漫画家の八神健(「密・リターンズ!」「ななか6/17」)という点も注目。

他にも、「作者の体験談や制作秘話」や「創作のヒント」などこの本で明かされるエピソードもあり、ゲームファンからゲームシナリオライターを志す人まで興味深い内容が多く含まれている。