「絶滅危愚少女 Amazing Twins」はBlu-rayのみの販売。1巻は絶賛発売中。3月28日の20:30からはAT-Xで「絶滅危愚少女 Amazing Twins〜第2巻お待たせしてしまい、すいません!スペシャル〜」という特番が放送される。

写真拡大

佐藤順一監督と松竹・田坂秀将プロデューサーの「アメツイ」対談後編。
Blu-ray第1巻が発売中のOVA「絶滅危愚少女 Amazing Twins」について、さらに深く探っていきます。
(前編はこちら)

テレビの1話と2話のような作り込み

――主人公・等々力あまねの妹リリアンのキャスティングのポイントは?
佐藤 リリアンはオーディションをやりましたが、何人かやって頂いた中、第一声から「あ、リリアンはこの声だな」と思ったのが佐藤聡美さんでした。きついことは言うけれど、ガンガン押して行く感じではなくて、けっこう引いていく感じ。まったりしつつもシビアっていうのがちゃんと出てたんですよね。
――説教系の妹キャラですよね。
佐藤 他の方はちょっとキツ過ぎたり、お姫様っぽかったりしたんですけど、佐藤さんのリリアンが一番、姉妹っぽさがありました。
田坂 僕も同じ印象でしたね。キツさと優しさが同居している感じがあって、リリアンだなと思いました。
――敵役でありもう一人のヒロインともいえるドS美少女のアヤには、東山奈央さんをキャスティングされています。佐藤監督が音響監督を務められた「異国迷路のクロワーゼ」ではおとなしい和服少女、昨年放送された「たまゆら〜もあぐれっしぶ〜」ではハイテンションな質問魔の女の子と、まったく異なる印象のキャラクターを演じていますが、今回も新境地で驚きました。
佐藤 東山さんとは「クロワーゼ」で初めて仕事をしたのですがすごくロジカルに考えて事前に役を作ってくるんですよね。それが理屈に落ちるのではなくて、キャラクターにするところまでやった上で(現場に)持ってくる。若い人の中では、そこまでしっかり作る、役者馬鹿的な人はあまりいない。台本とキャラ表(キャラクター設定)をホイって渡すだけでも、すごく考えて演技をしてくれるから、安心もできますし、次はどんな風にやるんだろうって楽しみでもある。いろいろなキャラクターを振ってみたくなるんですよね。今回はサディスティックなキャラクターですが、何人か候補に名前が挙がっていた中に東山さんがいたので、ぜひやってもらいたいなと思いました。
――アフレコの時もスタートから楽しそうにやってましたよね。
田坂 ええ、しかも、とてもハマっていて驚きましたね。
佐藤 今回も相当考えて来てくれていて。むしろ、最初のテストの時は怖すぎたから、抑えてもらいました。
――ひとまずOVAは2巻で完結ですが、かなり多くのキャラクターが登場していますね。
佐藤 できれば、このOVAからテレビシリーズにつなげて行きたいという思惑があるので、OVAの1巻と2巻も、テレビの1話と2話のような作り込みをしているんですよね。
――なるほど。
佐藤 テレビシリーズのやり方もいろいろありますが、僕のやっている作品は往々にして、最初に濃い目に作ったキャラクターを配置しておいて。あとは(シナリオ)ライターさんに遊んでもらいながら、キャラクターを広げていく形なんです。話が進む中で、「あ、この子にはこんな面もあるんだ」って。まずは最初にキャラが立ってないと、意外な面も出てこないですからね。
――その仕込みをしてあるわけなんですね。では、たくさんいるキャラクターの中で、田坂プロデューサーが特に気になるのは誰ですか?
田坂 もちろん、主人公であるあまねとリリアン。あとは、やっぱりアヤですかね。この3人については、1巻と2巻でも語られていますが、まだまだ掘り下げるべきところ、見てみたいところはあるなと思っています。
――佐藤監督のお気に入りは、やっぱり14号ですか?
佐藤 14号はお気に入りですが、周りのスタッフの声に少し萎えてます(笑)。
田坂 ははは(笑)。
佐藤 アヤは今後の展開の中でも、自分自身としても重要なキャラクターですね。あとは、ひろなと和希あたりを広げて行けたらなと思っています。
――ふたりは、あまねが所属しているパフォーマンス集団「NOUGHT」の仲間ですね。和希は「カレイドスター」で演じたケンの報われない男子ぶりも人気だった下野紘さんのキャラクターですが、ここから広がるんですか? 下野さんのキャラなのに??
佐藤 和希はリリアンのことが好きという設定になった時点で、その想いは最後までリリアンに届かないことが決定していますけどね。
――さすが下野さんの演じるキャラですね! まあ、「カレイドスター」のファンはみんなそう思ってると思いますが。
佐藤 「届いたら、驚くわ!」って感じでしょうね。あとは、あまねの数少ないファンの一人こずみにも、いろいろと考えているところはあります。OVAの続きが作れたら、ググッとお話の中心に入っていく展開がある予定です。
――それは楽しみです。
佐藤 こずみ役を茅野愛衣さんにやってもらっているのも、そういうことを踏まえてのキャスティングということですね。
――1話は、14号にこずみちゃんがさらわれるという展開だったので、茅野さんの悲鳴をたくさん聞けて良かったです。
佐藤 おびえる茅野さんを楽しむ作品にもなっているかもしれませんね(笑)。

われわれスタッフがチャレンジをしていく作品

――発売日が6月25日に変更された2巻(第2話)ですが先日、AパートだけはAT-Xで先行放送されました。子安武人さんの演じる新キャラクター田所さんも濃くて楽しいですね。
佐藤 子安さんのああいうキャラ、良いですよね。
田坂 アドリブが素晴らしかったです。
――観ていて「え!?」って声を出してしまうような台詞がありましたけど、やっぱり、あれはアドリブでしたか。
佐藤 「そのアドリブを言いますか?」って、ちょっと狼狽えましたね。ギリギリだけど、一応、周りに確認したら大丈夫ということだったし、オッケーにしました。2巻を観た人はみんな「これか!」って分かるはずです。
――では、2巻全体の見どころを教えて下さい。
佐藤 あまね、リリアン、アヤのドラマが軸。1巻ではサクッとしか描いてない部分について、一歩、二歩、三歩くらい深いところまで描いていきます。アヤがなぜあんなドSな子になったのかも分かります。Aパートだけ放送とか小出しにして申し訳ありませんが少しお待ち下さい。
田坂 2巻は1巻以上にアクションが満載です。コンテを読んだだけでも、こんなに動いてるんだと驚いたので、それが、どんな風にアニメーションとして落とし込まれるのか、僕も楽しみです。Aパートよりも、Bパートの方がかなり動いているので、先行放送を観られた方も引き続き楽しみにしていて欲しいですね。
佐藤 Bパートでいっぱい動くために、Aパートは少し抑えてますから(笑)。
――その作業量の多さもあっての3か月延期なのですね。
田坂 あと、1話はキャラクター紹介的な部分もあったんですけど、2話でいろいろと回収されている事もあって。両方を見て一つの物語として楽しめるところもあると思うので。ぜひ、1話を見た人は2話を見て欲しいし、2話を見る時には、また1話も見返してもらえると、より楽しめると思います。6月までちょっと時間はかかりますが、ぜひ飽きずに、忘れないで頂けたら……。
――僕はBlu-rayを買ったので、繰り返し観ながら待ちます。では、最後に、読者やファンの皆さんにメッセージをお願いします。
田坂 「カレイドスター」のスタッフがまた集まって作品を作りたいというところからスタートしている企画なので、その人たちの想い、ようやくまたみんなで一つの作品を作れるという喜びがふんだんに詰まった作品だと思っています。まあ、その気持ちが詰まり過ぎて、3か月遅れるみたいな話にはなっちゃうわけですが(笑)。その分、お客さんの期待には十分応えられるだけの迫力あるアクションだったり、良い物語だったりになっています。繰り返しにはなりますが、2巻の発売まで3か月も間が開いても忘れずに、ぜひ観て頂きたいです。また、イベントや先行放送などを観て気に入って頂けたら、Blu-rayとして手に取って頂けたら嬉しいです。よろしくお願いします。
佐藤 「カレイドスター」をご覧になってる方はご存じだと思いますが、主人公のそらが無茶な目標に向かってチャレンジしていくのが物語の大きな柱になっていました。今回は、われわれスタッフが無茶なチャレンジをしていく作品になっていますので。そのチャレンジのさまを見守りつつ、応援して頂けたらと思います。「カレイドスター」のレイラさんだったら「公演は中止よ」って言っちゃうような状況ですけど、我々は最後までやり切りますので。見守って頂けたら。
田坂 きっと「あなたには失望したわ」とか言われてますね(笑)。
佐藤 言われてるでしょうね。
――レイラさんにどんな厳しい言葉を言われても諦めず、鉄球を素手で受け止めるような地獄のトレーニングにも耐え抜いたそらのように、がんばっているわけですね。
佐藤 ええ、スタッフみんなが鉄球を受けながら、がんばっています(笑)。
(丸本大輔)