紅茶と花の香り

写真拡大

バスクリンは2014年3月17日、限定企画品「世界紀行シリーズ」から「バスクリン イギリス 庭園ティータイムの香り」を発売する。

湯色は「ティーセピア」

イギリスのアフタヌーンティーをイメージした紅茶と花の香りが特長。

天然アロマビーズを配合し、フレッシュな天然アロマ成分をカプセル化した。湯中でゆっくりと溶けることで、フレッシュな香りが長く楽しめる。また、温泉ミネラル有効成分(硫酸ナトリウムなど)が血行を促進することで、疲労回復、肩こりの緩和を助ける。

湯色は、花々が映りこんだ紅茶をイメージした「ティーセピア色」(透明タイプ)。

価格はオープン。