京阪大津線に『中二病でも恋がしたい!』電車が登場

京阪電気鉄道の大津線で3月18日から、アニメ『中二病でも恋がしたい!』のキャラクターをデザインしたラッピング電車が運行される。同作シリーズのフルラッピング電車が運行されるのは大津線が初めて。

運行車両は600形1編成2両(609−610号車)。期間は2015年3月31日までを予定。運行区間は石山坂本線石山寺駅から坂本駅間。

【関連:『宝塚トレイン』3月21日から阪急宝塚本線と今津線で運行開始】

『中二病でも恋がしたい!』ラッピング列車

ラッピング電車では、車両外観の全面をキャンバスにして、劇中に登場するメインキャラクター6人(富樫勇太、小鳥遊六花、丹生谷森夏、五月七日くみん、凸守早苗、七宮智音)やロゴマークをデザインするほか、車内も同様にラッピングが施される。

そして、4月26日からは、メインキャラクターをデザインした特製乗車券が発売される。特製乗車券は直径約28cmの円形サイズ台紙に収められる。発売場所は浜大津駅で、発売・通用期間は2015年3月31日まで。
大津線1日フリー乗車券(大人)×4枚の1セットで、一人につき、5セットまで購入可能。価格は1セット2000円で、3000セットが発売される。

(C) 虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会