小さく始めて1億売った ママ起業  私の方法

写真拡大

日本でも起業支援の動きが本格化して、新たな事業への期待が高まっている。これからの成長戦略に新規ビジネスが欠かせないからだ。国や自治体の助成制度や支援活動も年々広がり、規制緩和の掛け声も追い風となっている。だが、起業した会社の95%は10年以内に姿を消すという調査結果もあるそうだ。そうならず、夢を実現し、生き残るための秘訣を探る。

J−CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」(http://www.j-cast.com/mono/bookwatch/)でも特集記事を公開中。

儲けより「誰かの役に立ちたい」

『小さく始めて1億売った ママ起業 私の方法』

起業といえばバリバリの若手実業家をイメージしがちだが、祥伝社からの『小さく始めて1億売った ママ起業 私の方法』(著・園田正世、1365円)は、3人の子どもを育てたママの起業と成功の秘訣を綴ったものだ。取り扱う商品は育児のサークル活動で知ったアメリカ生まれのベビー用スリング、「赤ちゃんのだっこひも」という、まさにママの目線を生かしたビジネスだった。

開業資金7万円、パソコン1台、チラシ配りからのスタートだったが、ネットショップ、小売店、デパートと販路を広げた。儲けよりも誰かの役に立ちたいがモットーなので、一時は20人いた従業員も今は7人というこじんまりとした会社だ。主婦という生活基盤の上に立って、無理せず続けるノウハウを紹介する。

ネット利用した新しい資金調達

『入門クラウドファンディング スタートアップ、新規プロジェクト実現のための資金調達法』

クラウドファンディングとは、アイデアと意欲はあるが、金がない人のためのインターネットを利用した新しい資金調達法である。クラウド(大衆)とファンディング(資金調達)を組み合わせた造語で、アメリカをはじめ世界各国で注目されている。日本実業出版社の『入門クラウドファンディング スタートアップ、新規プロジェクト実現のための資金調達法』(著・山本純子、1575円)は、その本格的な入門書である。

なぜ、銀行や投資家でない人たちから資金を集めることができるのか。従来型の資金調達とどこが違うのか。成否を決める条件はなにか。欧米や国内の先進事例を紹介しながら、制度の基本的な仕組みや最新の市場状況、活用のリスクまで多岐にわたってわかりやすく解説している。

「人の問題」に注目した起業指南書

『起業家はどこで選択を誤るのか スタートアップが必ず陥る9つのジレンマ』

誰と起業するか、誰を雇うか、誰に投資してもらうか――。日本にも「企業は人なり」という言葉があるが、英治出版の『起業家はどこで選択を誤るのか スタートアップが必ず陥る9つのジレンマ』(著・ノーム・ワッサーマン、訳・小川育男、3675円)は、起業における「人の問題」に着目したビジネス書である。

著者はハーバード・ビジネススクールの教授で、同スクールの優秀教職員賞や米国経営学協会イノベーション教育賞を受賞している。全米約1万人の有名無名の起業家への調査とインタビューなど10年以上にわたる研究の蓄積がある。起業の成功と失敗の本質を解き明かし、豊富な実例をもとに肩書きや給与の決め方、投資家との付き合い方といった具体的でデリケートな問題に説得力あるアドバイスをしている。