16日、英紙デイリー・テレグラフは、国際テロ組織アルカイダの指導者オサマ・ビンラディンの娘婿の話として、「米同時多発テロ事件の首謀者とマレーシア過激派が以前からハイジャックを計画していた。その中にはパイロットが1人含まれている」と伝えた。資料写真。Record China

不明機 無線に残る操縦士の会話

ざっくり言うと

  • 消息を絶ったマレーシア航空機の操縦士が、異変後に地上管制と無線で会話していた
  • 「了解。おやすみ」という言葉で、機長と副操縦士のどちらが話したかは不明
  • 何者かが操縦室に侵入していた可能性もあるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング