500ポイント弱を積み重ねた石川遼(Photo by Sam GreenwoodGetty Images)

写真拡大

<FedExCupポイントランキング>
 米国男子ツアー「バルスパー選手権」終了時のFedExカップポイントランキングが発表され、同大会で25位タイフィニッシュを決めた石川遼は496ポイントとなり29位に浮上した。日本に帰国している松山英樹は33位にランクダウンしている。
遼、最終日に苦手コース退治!“68”で25位タイフィニッシュ
8年ぶりの優勝を果たしたジョン・センデン(オーストラリア)は14位に浮上した。
【FedExCupポイントランキング】
1位:ジミー・ウォーカー(1,872pt)
2位:ダスティン・ジョンソン(1,334pt)
3位:パトリック・リード(1,326pt)
4位:バッバ・ワトソン(1,240pt)
5位:ハリス・イングリッシュ(1,198pt)
6位:クリス・カーク(1,047pt)
7位:ウェブ・シンプソン(962pt)
8位:ザック・ジョンソン(918pt)
9位:ライアン・ムーア(894pt)
10位:ケビン・スタドラー(827pt)
14位:ジョン・センデン(719pt)
29位:石川遼(496pt)
33位:松山英樹(480pt)
188位:タイガー・ウッズ(43pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>