ネットの敵リストに米国を認定

ざっくり言うと

  • ネットの言論の自由を脅かす「インターネットの敵」リストの最新版が発表された
  • スノーデン氏がリークした機密文書に基づき、米国と英国が初登場
  • ネットを通じて市民を監視する、中国やシリアが常連となっていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング