<ハッサンII世トロフィー 最終日◇16日◇ゴルフ・ドゥ・パレロイヤル(6,951ヤード・パー72)>
 モロッコ王家が後援する欧州男子ツアー「ハッサンII世トロフィー」の最終日。初日から首位を走るスペインのアレハンドロ・カニサレスは6バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの“70”でラウンド。前日の大差を活かし、2位に5打差をつけ8年ぶりとなる欧州ツアー2勝目を挙げた。
写真で見る 海外男子ツアーフォトギャラリー
 カニサレスは海沿いの難関2番パー3でティショットをバンカーに入れるとそこから寄せきれずにボギーが先行。しかし、その後はハーフターンまでに2つのバーディを奪い2位に7打差の大差をつけ後半へ。スコアを伸ばしやすい後半でも切れ味するどいショットを武器にバーディを重ねさらに後続を突き放す。
 最終18番ではセカンドショットがディボットへ、しかも芝がボールにかぶさってしまう不運がありこのホールはダブルボギーとしたが、結局2位に5打差をつけ圧勝。初日から一回も首位を明け渡すことなく完全優勝をはたした。
 「グリーンはトリッキーだし、風はいつも強い」とコースには苦しめられたが、「ゲームに集中しろ、と言われていた」と家族からのいいつけを守り勝ち星をつかみとった。初優勝から2勝目までに8年かかったが、次の勝利を見据え「ここからがまたスタートだよ」と笑顔で話した。
 5打差の2位にはこの日“63”を叩き出したアンディ・スリバン(イングランド)、7打差の3位タイにはセーブ・ベンソン(イングランド)、マグナス・A・カールソン(スウェーデン)の2選手が入った。
【最終結果】
優勝:アレハンドロ・カニサレス(-19)
2位:アンディ・スリバン(-14)
3位T:セーブ・ベンソン(-12)
3位T:マグナス・A・カールソン(-12)
5位T:リチャード・ブランド(-11)
5位T:ウェイド・オムスビー(-11)
5位T:ラファエル・カブレラ・ベロ(-11)
<ゴルフ情報ALBA.Net>