<バルスパー選手権 最終日◇16日◇イニスブルックリゾート・コパーヘッドコース(7,340ヤード・パー71)>
 フロリダ州にあるイニスブルックリゾートで開催された、米国男子ツアー「バルスパー選手権」の最終日。ここまで4年連続予選落ちを喫してきた苦手コースで3日間70台と苦しんだ石川遼だったが最終日は5バーディ・2ボギーの“68”で回りトータル1オーバーフィニッシュ。見事苦手コースを退治して25位タイで4日間を終えた。
遼に影響も?国内男子ツアー義務試合数改定…これって改良?改悪?
 石川は比較的スコアの伸ばしやすいOUTコースで鮮やかなチャージ。1番、5番と2つのパー5で確実にバーディを奪うと6番でもバーディを奪取。さらに8番パー3ではグリーン右サイドから約18ヤードを直接放り込んでバーディを奪うなど、65位タイから一気にリーダーボードを駆け上がった。
 後半は10番でティショットのミスからボギー。11番バーディの後、12番も約1.5メートルのパーパットを外しボギーとするなどやや足踏みが続いたが、終盤の難関ホールもきっちりパーでしのいだ。この日の“68”はベ・サンムン(韓国)の“67”に続く好スコア。多くの選手が苦しむ難コースで、決して絶好調とは言えない中このスコアは今後のシーズンにもつながっていきそうだ。
 石川は次週「アーノルド・パーマー招待」に参戦。東海岸での連戦を好結果で締めくくることができるか。
【最終結果】
優勝:ジョン・センデン(-7)
2位:ケビン・ナ(-6)
3位:スコット・ラングレー(-5)
4位T:ウィル・マッケンジー(-4)
4位T:ルーク・ドナルド(-4)
4位T:ロバート・ギャリガス(-4)
25位T:石川遼(+1)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>