柔道の稽古後に小3が重体 沖縄

ざっくり言うと

  • 15日、沖縄県の柔道場で、小学3年の男児が倒れ、嘔吐した
  • 意識不明の重体で、急性硬膜下血腫と診断されたという
  • 男児は、相手に技をかける稽古を繰り返す「打ち込み」をしていたとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング