5バーディノーボギーの安定感が光った森田遥(撮影:ALBA)

写真拡大

<ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ 最終日◇16日◇土佐CC(6,232ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ」の最終日。トータル1アンダー8位タイからスタートしたアマチュアの高校生、森田遥は5バーディノーボギーの“67”と安定感のあるプレーを披露。しかし、首位の一ノ瀬優希、酒井美紀に1打及ばず3位タイ、アマチュアでのトーナメント優勝にあと一歩のところで届かなかった。

 以下、森田と主な選手のコメントを掲載する。

○森田遥(トータル6アンダー3位タイ)※アマチュア
「悔しいですね。本当に悔しいです。全ては16番でした。(1メートル弱から2パット)実際に優勝争いをやってみて、印象もそうですが、緊張していたこともありました。普段はテレビで見ているようなところに、自分が映ってるんだな…と思ってしまって、ちょっと不思議な感覚にもなりました。でも、18ホールにおいて、自分の中でフラットな気持ちでプレーすることもできました。
(優勝争いの緊張感は?)
「もっと味わっていきたいです。緊張といっても、手が震えるようなものではなく、心地よさを感じられる緊張なので」
(アマチュアの間に優勝したいという気持ちはなった?)
「はい、なりました。次は「サイバーエージェントレディス」なので、そこでも上位を狙いたいです」
○藤本麻子(トータル5アンダー単独5位)
「今日はスコアよりも「自分と向き合って戦おうと考えていました。たしかにバーディを獲りたいという気持ちはありましたけど、焦ってもスコアになりません。なので、10番ホールでボギーを叩きましたが、落ち着いてプレーできましたし、バーディも奪えました。自分と向き合えたという点では成長できたと思います。最終日最終組でラウンドできましたし、昨年から本当に良い位置で最後まで戦えているので、こういう経験の積み重ねは自信になります」
○葭葉ルミ(トータル4アンダー6位タイ)
「すごく楽しかったです。初日から風が吹いたり寒かったりと大変でしたけど、開幕の沖縄も大変だったので(笑)今日の順位はもちろん、自分のプレーができたことが大きかったと思います。ダブルボギーなんかもあって苦戦はしたんですけど、逆にイーグルも記録できたので良かったですね。(フル参戦1年目の目標は?)プレッシャーのかかる場面もこれから多くなるかと思いますが、今週の良いプレーをずっと生かしていきたいですね。その先に優勝があればいいなと思います」
○原江里菜(トータル3アンダー11位タイ)
「後半の最初に良いパットが入って、それで流れが良くなった感じですね。上がりの方はショットが良くなってきましたし、1日を通して良いプレーができました。初日は風が強くて思い通りのスイングができずストレスが溜まって集中できませんでした。集中力次第というのもあるんですが、今日は良いイメージから入ったら、パットもショットも良いのが出ました。私は尻上りに良くなる試合が多かったのですが、調子が良い時のフィーリングが戻っているように感じます。いつも出遅れ感が出ちゃいますが、どういう気持ちでスタートしないといけないか、という部分を改善しながらやらないといけないですね」
○横峯さくら(トータル2アンダー14位タイ)
「今日はチャンスが少なかったですね。バーディを獲ったホールは長いパットが入ってくれました。ショットは大分良くなっていますが、まだまだです。今日はパットが良かったですね。(2戦終えて)大分良くなっていると思います。先週はまだ試合の緊張感を楽しむことができなかったのですが、今日はその緊張感を楽しむことができたと思います」
○森田理香子(トータル4オーバー32位タイ)
「(ダブルボギー2つ)本当に下手ですね…でも今週はもう終わりましたし、今日みたいなゴルフをしたくないので、また来週に向けてやっていきたいです。ショット自体は悪くなかったですね。運とか、技術的なミスじゃないことが多かったです。風の読みとか判断ミスもありました」
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
一ノ瀬優希、怪我が生んだ“不安”を乗り越えたツアー2勝目
女子プロ最新セッティング激撮!あなたが気になるクラブはどれ?
遼、セカンドカットは免れ65位タイで最終日へ
ゴルフが好きな美人が集合 「美ゴ女」を見てね
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」