<ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ 最終日◇16日◇土佐CC(6,232ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ」の最終日。トータル2アンダー3位タイからスタートした酒井美紀は7バーディ2ボギーの“67”をマーク。トータルスコアを7アンダーまで伸ばし、一ノ瀬優希とのプレーオフに進出した。

 最終日最終組でプレーした酒井は序盤から順調にスコアを伸ばしていく。2番ホールでこの日最初のバーディを奪うと、前半さらに5番と7番もバーディとして、トータル5アンダーで折り返した。
 前半はノーバーディの安定感が光った酒井だが、一転して後半は出入りの激しい展開に。12番で後半最初のバーディを奪うも、14番でこの日初めてのボギー。続く15番16番を連続バーディとするが、17番で再びボギーを叩くなど、結局、最終ホールを迎えた時点では首位と1打差のトータル6アンダーだった。
 この時点で一ノ瀬は7アンダーでホールアウトしていたため、優勝のためにはバーディを取るしかない。この場面で酒井は、145ヤードのセカンドショットをピン上1.5メートルにつけるスーパーショットを披露。下りの際どいラインではあったが、これをしっかり沈めてプレーオフ進出を果たした。
 プレーオフでは酒井、一ノ瀬共にパーオンに成功。しかし酒井が6メートルのバーディパットを外したのに対し、一ノ瀬はフックラインを読みきりバーディとして、1ホール目で決着をつけた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
一ノ瀬優希、怪我が生んだ“不安”を乗り越えたツアー2勝目
遼、セカンドカットは免れ65位タイで最終日へ
女子プロ最新セッティング激撮!あなたが気になるクラブはどれ?
ゴルフが好きな美人が集合 「美ゴ女」を見てね
女子プロの私服も公開!「写真館」