会心のバーディでツアー2勝目を挙げた一ノ瀬優希(撮影:ALBA)

写真拡大

<ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ 最終日◇16日◇土佐CC(6,232ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ」の最終日。決着はトータル7アンダーで並んだ一ノ瀬優希と酒井美紀のプレーオフに突入し、1ホール目でバーディを奪った一ノ瀬が勝利。昨年の「Tポイントレディス」に続くツアー2勝目を挙げた。

 風のほとんどない快晴に恵まれた最終日は多くの選手がこれまでの鬱憤を晴らすかのように猛チャージを見せた。一ノ瀬も2番パー3でボギーを先行させたものの、5番パー3でティショットをOKの距離に乗せてバーディ。さらに9番パー4でも4メートルの下りを沈め、スコアを1つ伸ばして後半のプレーに入っていった。
 サンデーバックナインでもバーディの勢いは続き、10番パー5では138ヤードのサードショットを直接カップインさせてイーグルを奪うと、さらに続く11番パー4もバーディとして、イーグルを挟む3連続バーディを奪取した。さらに15番パー5もバーディとした一ノ瀬はこの時点で単独首位に浮上した。
 残る2ホールをパーとした一ノ瀬はトータル7アンダーでホールアウト。この時点では単独首位につけていたが、最終組をプレーする酒井が18番をバーディとしたため、決着はプレーオフに突入。しかし、プレーオフ1ホール目で3メートルのフックラインを読み切った一ノ瀬が会心のバーディを奪い、勝負を決めた。
 今季、一ノ瀬は大きな不安と共に新シーズンに臨んでいた。それは怪我の影響によって満足な調整ができなったからだ。「今までで一番練習してないし、皆がしっかり練習していることも知っていたので、大丈夫かな…という気持ちが強かったです」例年、2月は15ラウンド〜20ラウンドをこなし、毎日のようにクラブを振っていた一ノ瀬だが、今年、まともにクラブを握れるようになったのは開幕の約1週間前。当然、クラブの調整も満足のいく状態ではなかった。
 プレッシャーのない練習ラウンドでは良いショットも出たというが、試合になると考えられないミスが飛び出してしまう。そしてそのミスショットがさらなる不安を助長する。先週の開幕戦「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」で予選落ちを喫した時の一ノ瀬はまさにそんな状態だった。
 しかし今週は違った。練習日には自分が納得するまで打球練習を重ね、ショットに関する不安を解消していった。今大会開幕前にはまだ完全に満足できるような状態までは復調しなかったが、試合の中で「思い切り打ってやろう」と強い気持ちでショットを重ねた一ノ瀬は次第に自信を取り戻し、今大会では結果もついてきた。
 「とにかく嬉しいです」怪我による練習不足、そしてそれに伴うゴルフへの大きな不安。それは昨年の「Tポイントレディス」で初優勝を挙げて以来、待ち望んだツアー通算2勝目を挙げることで完全に払拭された。
 一ノ瀬が今季目標に掲げるのは“年間2勝以上”。昨年はあと一歩のところで成し遂げられなかったが、不安を乗り越えた一ノ瀬ならば十分可能な目標だろう。来週開催される「Tポイントレディス」ではディフェディングチャンピオンとしてどのようなプレーを見せるのか注目だ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
女子プロ最新セッティング激撮!あなたが気になるクラブはどれ?
斉藤愛璃、パットで耐えて8位タイ!2週連続の優勝争いへ
遼、セカンドカットは免れ65位タイで最終日へ
ゴルフが好きな美人が集合 「美ゴ女」を見てね
女子プロの私服も公開!「写真館」