投資情報会社・フィスコ(担当・小瀬正毅氏)が、3月17日〜3月21日のドル・円相場の見通しを解説する。

 * * *
 今週のドル・円は、16日のクリミア自治共和国での住民投票の結果を受けたウクライナ情勢の進展、イエレン第15代FRB議長の下での初の連邦公開市場委員会(FOMC)でのテーパリング(量的緩和縮小)の継続を見極める展開となる。

 グリーンスパン第13代FRB議長は、就任直後に、株式市場の暴落「ブラック・マンデー」に遭遇し、バーナンキ第14代FRB議長も、住宅バブルの崩壊を受けた「リーマン・ショック」による株式市場の暴落に遭遇したものの、流動性供給により乗り切った。

 イエレンFRB議長も、現在、ウクライナ情勢の緊迫化により株式市場の暴落に遭遇しつつあることで、テーパリングの継続か中断か、という決断を迫られている。

【ウクライナ情勢】(17日)
 16日のクリミア自治共和国での住民投票では、ウクライナからの独立、ロシアへの編入決定が予想されている。ロシアは、ウクライナとの国境に軍隊を集結させており、ケリー米国務長官は「欧米は17日に非常に深刻な措置をとる可能性」と警告していることで、ウクライナでの軍事衝突の可能性などに警戒する展開となる。

【中国人民元の許容変動幅拡大観測】
 中国人民銀行は、全国人民代表大会に向けて、米ドル買い・中国人民元売りの「非不胎化」為替介入により、中国人民元安誘導を行った。中国人民銀行は、中国人民元の許容変動幅を拡大(1%から2%へ)することが予想されており要注目か。

【日本の2月貿易収支】(19日)
 1月の日本の貿易赤字は、過去最高規模の-2兆7917億円に拡大した。2月の貿易赤字は、6000億円程度が予想されており、貿易赤字は減少するものの、円安要因となる。

【連邦公開市場委員会】(18-19日)
 米国2月の非農業部門雇用者数が予想を上回る前月比+17.5万人だったことで、イエレンFRB議長の下での初のFOMCでは、12月、1月に続き、100億ドルのテーパリングが予想されている。
 
 しかしながら、中国の景気減速懸念、ウクライナ情勢の緊迫化懸念を受けてニューヨーク株式市場が動揺していることで、テーパリングの中断の可能性に警戒する展開となる。

【リパトリ】
 3月期末決算に向けた本邦機関投資家によるリパトリ(外貨建て資産売却・円買い)により円買い圧力が強まることが予想される。

 3月17日-21日に発表予定の主要経済指標のポイントは次の通り。

○(米)2月鉱工業生産− 17日(月)午後10時15分発表
・予想は、前月比+0.1%
 参考となる1月実績は前月比-0.3%。寒波の影響で製造業は2013年7月以来の落ち込みとなった。2月については、寒波の影響がおおむねなくなることから、鉱工業生産はある程度回復する見込み。コンセンサスは妥当か。

○(米)2月消費者物価指数− 18日(火)午後9時30分発表
・予想は、全体の数字が前年比+1.3%、コア指数は同比+1.6%
 消費者物価コア指数の1月実績は、前月比+0.1%、前年比+1.6%だった。1月は寒波の影響で電力や暖房用燃料などの需要が増大した。ただし、賃金上昇はやや抑制されており、エネルギー価格の上昇などのインフレ進行の兆候は確認されていない。2月のコア指数は1月実績とほぼ同水準となる見込み。

○(米)2月住宅着工件数・住宅建設許可件数− 18日(火)午後9時30分発表
・予想は、住宅着工件数が91.5万戸、住宅建設許可件数は96.5万戸
 参考となる1月実績は住宅着工件数が88万戸、建設許可件数は94.5万戸だった。1月の住宅着工件数は急減したが、寒波の影響だけではないとの見方が出ている。1月は米中西部で住宅着工件数が減少した。2月はある程度持ち直す見込みだが、大幅増は期待できない。市場コンセンサスは妥当か。

○(米)2月中古住宅販売件数−20日(木)午後11時発表
・予想は、462万戸
 参考となる1月実績は462万戸だった。前月比-5.1%で市場予想を下回った。天候不順の影響はあるが、住宅在庫や住宅ローン金利の上昇や借り入れ基準の厳格化などの影響もあるとみられている。2月の販売件数が急増する可能性は低いとみられており、市場予想は妥当か。

 主な発表予定は、17日(月):(米)1月ネットTICフロー、19日(水):(日)2月貿易収支、20日(木):(米)2月景気先行指数。

【予想レンジ】
・ドル・円99円00銭〜104円00銭