東京マラソン2013の男子1位、2位、NYCマラソン男子1位のランナーたちが使用したシューズには同じ新素材「ブーストフォーム」が使用されていた。そのブーストフォームを搭載した『エナジーブースト』(アディダス)の、衝撃を吸収するのに反発する履き心地とシューズ革命について、作家の山下柚実氏が報告する。

 * * *
 ふわっ。

 足が地面に着地する瞬間、私の踵は靴底に柔らかく受け止められた。

 続けて、その力がバネのように「ぽよん」と反発し、ふくらはぎに伝わってきた。

 ふわっ、ぽよん。初めて味わう不思議な感触。

 弾む。どんどん足が前に出ていく。これならどこまでも歩いていけそう。走れそう。

 靴の裏にバネが付いているわけではもちろんない。私が履いているのは新素材「ブーストフォーム」が搭載されたランニングシューズだ。こんな足でマラソンを走ったらどうなるのだろう。まさか、自己ベストタイム連発とか?

 調べてみてびっくり。「東京マラソン2013」男子の1位と2位、そして「ニューヨークシティーマラソン2013」の男子1位の栄冠を勝ち取ったランナーの足元に、この新素材「ブーストフォーム」搭載のシューズが装着されていたのだった。

 2013年2月、「ブーストフォーム」を搭載した『エナジーブースト』がアディダスから発売された。続けてブースト搭載モデルが次々に登場。一時は在庫切れを起こす人気を博し、アディダス直営店でランニングシューズ販売の過去最高記録を更新した。“ブースト効果”で同社のランニングカテゴリーも2桁近く成長。そして世はランニングブームの真っ最中。アディダスが放つ「シューズ革命」に迫った。

「アディダス」と聞くと、マラソンよりもサッカーを連想する人のほうが多いかもしれない。だが同社のシューズは「走る」ことと深く結びついていた。

 創業者アドルフ・ダスラーのニックネーム「アディ」と「ダスラー」を組みあわせた社名がアディダス。その創業者は陸上の選手だった。

「弊社の原点としての陸上競技用シューズをもう一度見つめ直し、根底から問い直すプロジェクトがスタートしました」と同社ブランドマーケティングマネージャー・西脇大樹氏(29)は語り始めた。

「勝負をかけて開発したのがブーストフォームです」

 シューズのソール部分、白く見えるのが新素材「ブーストフォーム」だ。ドイツ最大の化学メーカー・BASF社とアディダスの共同で、開発から製品化まで10年の歳月をかけたという力の入れよう。よく見ると何やら粒のようなものがある。

「非常に弾力性の高いE-TPU(発泡熱可塑性ポリウレタン)という高分子の粒を、熱で圧縮しています。セル(細胞)状に粒を残しつつもひとつの集合体として成形する独自の方法によって『衝撃吸収』と『反発』、相反する2つの機能をあわせ持った新しいソールができました」

 体重の3倍とも言われる足への衝撃を柔らかく受け止め、走る力へ転換する革命的な素材はこうして生まれた。従来、大半のソールに使用されていた素材と比較して反発力が70%もアップしたというから驚き。「ふわっ、ぽよん」という独特の感覚はここから生じているのか。

 実は1960年代から今まで、どのメーカーのシューズのソールにも使われてきた素材がある。EVA(エチレン・酢酸ビニル共重合樹脂)だ。

「EVAは優れた素材ですが、衝撃を受け止めるクッション性と足を蹴り出す反発性、その両方をEVAだけで実現することは難しかったのです」

 メーカーは試行錯誤してきた。固さの違う2種類のEVAをソールに貼り合わせるといった方法も試した。しかし靴は重くなり、エネルギーの伝達は非効率的で、耐久性も十分ではなかった。

「そこで弊社はEVAを前提にした靴作りという常識にとらわれず、ゼロから素材開発に取り組んだのです」

 マラソンレースは寒い時期の開催も多いが、ブーストフォームはマイナス20℃からプラス40℃までの温度帯で弾性が変化しないのが特徴だ。

「試し履きをされた方の購入率はとても高いんです」と西脇氏は自信を見せた。  

※SAPIO2014年4月号