写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●王道でありながら現代的、この世界の謎にさまざまな作品から迫っていくバンダイは14日、東京・品川のバンダイナムコゲームス未来研究所にて、『マジンボーン』プロジェクト発表会を開催した。

『マジンボーン』は、バンダイ、テレビ東京、東映アニメーション、集英社が共同で展開するキッズ向けクロスメディアプロジェクト。4月よりテレビ東京系にて放送されるTVアニメを皮切りに、4月下旬よりアミューズメント施設等で稼働予定のデジタルキッズカードゲーム『データカードダス マジンボーン』、今週秋にバンダイナムコゲームスより発売予定のニンテンドー3DS用ソフトなど、コミック、プラモデル、食玩など大規模な展開を予定している。ストーリーは平凡な高校生・竜神翔悟が「ボーンカード」の力によって「ボーンファイター」に変身し、地球を守るため、謎の敵「ダークファイター」と戦う姿が描かれる。

発表会の冒頭にはバンダイカード事業部の原田真史氏が登壇し「『マジンボーン』はボーンという鎧、外骨格のようなものを身につけて、ダークファイターと呼ばれる敵と戦っていく物語。この世界の謎に、さまざまな作品から迫っていくのも魅力のひとつです。すべての作品が王道でありながら現代的なのが大きな特徴と考えています」と本作を解説した。

○ロバート"魔神"秋山も『データカードダス マジンボーン』を応援

『データカードダス マジンボーン』は、4月下旬に稼働予定のデジタルカードゲーム。1プレイ100円で、1プレイにつき1枚排出されるカードを使用してゲームを進めていく。5枚のファイターカードでチームを作り、フォーメーションによって魔神を呼び出してバトル。バトルフィールドの属性とカードの属性を合わせることによって必殺技を繰り出したりと、シンプルで奥深い、迫力満点のバトルを楽しむことができるという。別売りのICカードを利用すればマイファイターを育て、どんどん強化できるのも特徴となる。

自分のプレイの記録やマイファイターのデータはWEB上の「マイベース」に登録することができ、他のプレイヤーと交流することも可能。「マイベース事前登録キャンペーン」もスタートしており、4月2日までに登録すると「ICカード、ファイターカード、カード3枚、カードケース、マジン新聞1号」が入ったスターターキットが無料で送付される。事前登録は4月3日〜5月11日の期間でも受け付けているが、4月3日以降はセット内容が「カード3枚、カードケース、マジン新聞1号」に変更となる。

この日の発表会には、スペシャルサポーターであるお笑いトリオ・ロバートの3人が登場。アマレスコスチュームで登場した秋山は「"スペシャル"サポーターとスペシャルがつくのは初めてです。特別扱いですからね!」と終始テンション高めの様子。筐体がステージ上に登場すると、「これがスーパーの階段の下に置かれるのだな。でかいしかっけぇ!」とさらに秋山はエキサイトするも、実際のプレイ体験はゲーマーである山本が担当していた。

1ラウンド目で感覚を掴んだ山本は、2ラウンド目で「マジンアビリティ」を発動、火の魔神を呼び出して見事に勝利。プレイを終えた山本は「奥深さがあります。必死で説明聞いていたので、2回目はうまくやれました。僕今やっただけでもはまりそうですし、お子さんはもちろん、連れて行ったお父さんもハマっちゃうんじゃないかと思います」と太鼓判。また、ゲームで山本が魔神を呼び出すと、秋山も魔神に変身!? して笑いを誘っていた。

●アニメ展開で一番大事にしているのは、感情のリアリティ○アニメ『マジンボーン』はTV東京系で4月放送開始

アニメ化の発表では、テレビ東京のアニメ局局長・川崎由紀夫氏が登壇。「テレビ東京は最近視聴率が好調な中で、この4月からはアニメに強い局の悲願である18時半からの枠をアニメの枠にしたいと考えています」と番組枠の構想を明かしながら、「ゴールデンタイムにつながるこの枠を発動どう活用するか考え、火曜日の18時半を『マジンボーン』に用意しました。この作品は東映アニメーションさんや監督の気合いが素晴らしく、必ず子どもたちの心をつかんでくれると確信しています」と語り、大きな期待を寄せている。

続く、東映アニメーションの鷲尾天プロデューサーは「この作品はアクションパートは背景も含めてフルCGで、東映アニメーションのTVシリーズとしては初の試みです」と説明し、そのほかにも「メカではなく人間のアクションなので、CGの動きの中に人間らしさを込めています。一番大事にしているのは感情のリアリティで、宇田鋼之介監督は感情を追って、リアルに映像に載せていくことができる人なんです」と本作の見どころを語った。宇田鋼之介監督も出席しており「バトルに終始する作品ではなく、キャラクターの成長過程を描いていきたいと思っています。最初はヘタレだった主人公が、主人公らしくなっていくことにも注目してください」と話している。

注目のキャストは、竜神翔悟役をKENN、ルーク役を立花慎之介、アントニオ役を吉野裕行、タイロン役を安元洋貴が担当する。KENNは「すごくリアリティがあるお話で、リアクションがひとつひとつ丁寧に描かれていて、翔悟君は本当に普通の高校生。空手がちょっと強いぐらいの高校生が、何かに巻き込まれてとんでもないことになっていきます」と自身の役どころを説明。宇田監督は「最初からイメージに合致していました」、鷲尾プロデューサーは「アフレコで私はすることがないぐらい安心してみています」と手放しの絶賛だった。

番組主題歌は、加藤和樹が歌う「Legend Is Born」。加藤は『仮面ライダーカブト』の仮面ライダードレイク役などでブレイクし、アーティスト・俳優として精力的に活動している。加藤からは「子供の頃からアニメが好きだったので、『マジンボーン』のオープニングテーマが歌えて本当にうれしく思います。『マジンボーン』の世界観にふさわしい疾走感ある曲を魂込めて歌わせていただきました」というメッセージが届いていた。

○3DSゲームやコミック、プラモデルなどの展開も

そのほか、コミックの展開は、漫画誌『最強ジャンプ』2月号(集英社刊)から杉田尚によるコミック連載がスタート。『最強ジャンプ』『Vジャンプ』(集英社刊)両誌では特集や特典カードで作品をバックアップしていく。『マジンボーン』のキャラクター原案は『アイシールド21』『ワンパンマン』で知られる漫画家の村田雄介氏が担当し、村田氏より「キャラクター原案に関わらず、色々な形で作品に関わりたいとプロデューサーにお願いしています」との意欲的なコメントが届いていた。

『マジンボーン』プラモデルは5月31日に第1弾として『01ドラゴンボーン』『02シャークボーン』『03レオボーン』が各1,080円(税込)で発売予定。このプラモデルには直感的に組み立てられる新機構を採用しており、アーマーが着脱可能になるという。ゲームは、ニンテンドー3DS用ソフト『マジンボーン』が2014年秋に発売。ジャンルはボーンファイターがチームを組んで3対3で戦う協力バトルアクションゲームで、データ通信や2次元コードの読み取りを利用して、データカードダス筐体と3DSの連携も予定されている。

○4月新番組「マジンボーン」PV

(トランジスタ)