今大会、苦戦を強いられている女王・森田(撮影:ALBA)

写真拡大

<ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ 2日目◇15日◇土佐CC(6,232ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ」の2日目。トータル1オーバーから巻き返しを図りたい森田理香子だったが、この日は2バーディ5ボギーとスコアを3つ落とし、32位タイに後退した。

 この日の森田は前半から3つのボギーを先行させる苦しい展開。後半に入ってからは10番12番とバーディを奪うなど、復調したかに見えたが、終盤の15番16番で連続ボギー。結局、トータルスコアを4オーバーまで後退させ、優勝は厳しい状況となった。
 「昨日よりはマシだけど…」初日苦しんだグリーンの読みやアイアンの距離感など、森田の感覚の中では前日よりも良くなっている。しかしこの日は、それらが全くと言っていいほど噛み合わなかった。
 「明日は今日よりもいいスコアで回りたいですね」昨年大会では最終日に“67”をマークして単独3位に入った森田。昨年よりも厳しい位置からのスタートになるが、明日は目の覚めるようなビッグスコアをマークしてほしい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
斉藤愛璃、パットで耐えて8位タイ!2週連続の優勝争いへ
女子プロ最新セッティング激撮!あなたが気になるクラブはどれ?
石川遼、苦手大会で米ツアーデビュー09年以来の予選通過
ゴルフが好きな美人が集合 「美ゴ女」を見てね
女子プロのかわいい私服姿を公開!「写真館」はここから!