首位と1打差の2位で最終日に臨む藤本麻子(撮影:ALBA)

写真拡大

<ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ 2日目◇15日◇土佐CC(6,232ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ」の2日目。トータル3アンダーの首位タイからスタートした藤本麻子は2バーディ2ボギーの“72”とスコアを伸ばせず単独2位に後退した。

 この日、最終組をプレーした藤本は2番ホールでバーディが先行。続く3番パー5で3メートルのバーディチャンスから3パットのボギーとしてしまうが、7番パー5ではサードショットをピタリと寄せて楽々バーディ。前半はスコアを1つ伸ばし、この時点では単独首位に浮上した。
 しかし後半に入ってからは我慢の展開が続いた藤本。好調なショットを武器に再三バーディチャンスにつけたが、パットが決まらない。結局、後半はノーバーディ1ボギーとスコアを落とし、宋ボベ(韓国)に首位の座を譲ることになった。
 結果として悲願のツアー2勝目に向けて一歩後退した形になった藤本だが、この日のプレーについては納得している。「昨日はセカンドがとにかくダメだったんですけど、キャリーの距離感が今日はよく合っていました」と話すように、セカンドショットの精度が日増しに向上しているからだ。
 一方で、後半決めきれなかったパッティングについては「とにかく自信を持ってアドレスに入りたいですね」と最終日の対策を説明。この日は1ボール程度の惜しい外れ方をすることが多く、ほんの少しタッチとラインが噛み合えばビッグスコアを飛び出す可能性も十分にあるだろう。
 「(最終日は)相手を気にせず、コースとの戦いを意識したいです」単独首位につける宋とは2日続けて同組でのラウンドとなるが、まずはコースを相手に淡々とスコアを伸ばしていく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
斉藤愛璃、パットで耐えて8位タイ!2週連続の優勝争いへ
石川遼、苦手大会で米ツアーデビュー09年以来の予選通過
「バルスパー選手権」のリーダーズボードはここから!
ゴルフが好きな美人が集合 「美ゴ女」を見てね
女子プロの私服も公開!「写真館」