花火事故「一生背負う罪」の現実

ざっくり言うと

  • 検察官が「未曾有の大惨事」と指摘した京都府の花火大会での露店爆発事故
  • 被告は控訴しない姿勢だが、判決は「一生の償い」のあり方までは示さない…と筆者
  • 裁判が終わっても「償い」からは逃れられない、と締めた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング