<ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ 2日目◇15日◇土佐CC(6,232ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ」の2日目。トータル1オーバー12位タイからスタートしたアマチュアの森田遥が3バーディ1ボギーの“70”でラウンド。トータルスコアを1アンダーまで伸ばし、アマチュアとして大会初の予選通過を達成した。

 森田は高松中央高等学校に通う高校2年生。昨年はアマチュア女子の最高峰「日本女子アマチュアゴルフ選手権」のタイトルを獲得したトップアマだ。
 この日の森田は2番パー3でティショットを1.5メートルにつけてバーディを先行。続く3番パー5ではサードショットをグリーンオーバーさせてボギーとしたが、その後は安定した内容でさらに2つのバーディを奪い、トータル1アンダーで8位タイでホールアウトした。
 ラウンド後の森田は開口一番、「もう少しいける気がしました」と喜びよりも悔しさを露にした。この日はパッティングを決めきれずにバーディを取りこぼしたホールも多くあったようで、まだ伸ばせたという気持ちが強かったのだ。
 しかし森田理香子らも成し遂げられなかった大会初のアマチュア予選通過については「素直に嬉しいです」とあどけない笑顔が弾けた。昨年日本女子アマを制した後は、思うような成績を残せず苦しんだ時期もあったようだが、冬の間に重点的に取り組んだトレーニングも奏功し、今大会の好成績につなげた。
 そんな森田が尊敬するプロゴルファーは“宮里藍”。「キラキラしていて、皆に愛されていると思います。私もそんな選手になりたいです」現在、首位とは3打差、宮里と同じくアマチュアでのツアー優勝も視界に入る位置だが、当の森田は、「簡単なことではないので、コツコツ頑張ります」と至ってマイペース。次代を担う若き逸材が最終日どのようなプレーを見せてくれるのか、今から楽しみだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
難コンディションで躍動する“若き才能”
女子プロ最新セッティング激撮!あなたが気になるクラブはどれ?
「バルスパー選手権」のリーダーズボードはここから!
ゴルフが好きな美人が集合 「美ゴ女」を見てね
女子プロの私服も公開!「写真館」