小学校教諭の暴言で生徒がPTSDに

ざっくり言うと

  • 担任教諭の度重なる暴言で、PTSDを発症したとする小学5年生の男子児童
  • 児童の両親が市と県、当時の担任教諭を相手取り損害賠償を求めた
  • 児童は教諭から「クソ野郎、バカ」「人間の言葉が分かるか」と怒鳴られという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング