男性に聞いた! 老後のために30代までに貯めておくべきだと思う金額は?

少子化が進む日本では、人口比がどんどん逆ピラミッド化。このままでは年金制度が崩壊するのではないか……なんて言われていますよね。そんなわけで、今回は働き盛りの社会人男性に「老後のために30代までに貯めておくべきだと思う金額」についてアンケートを実施。若いうちにどれくらいお金を貯めておくのがよいと考えているのか調べてみました!

●第1位/「1,000万円以上」……25.1%
○第2位/「1,000万円くらい」……15.9%
●第3位/「500万円くらい」……14.7%
○第4位/「100万円くらい」……11.7%
●第5位/「貯めておく必要はないと思う」……8.6%
○第6位/「300万円くらい」……7.4%
●第7位/「800万円くらい」……3.7%
○第8位/「200万円くらい」……2.5%
●第8位/「400万円くらい」……2.5%
○第8位/「600万円くらい」……2.5%
※第11位以下は略。

第1位は25.1%で「1,000万円以上」でした! 「多いに越したことはない」という意見が多数。みなさん、幸せに老後を過ごすためには「お金が必要」だと考えてるよう。「利息生活が現実的になる」なんていう意見もありました。

第2位は15.9%で「1,000万円くらい」。こちらを選んだ人は「子どものこともあるのでとにかく多く貯めたい」「そのくらいないと生活できないから」と回答。独身のうちになるべく貯金して、結婚してから老後までの間に備えておきたい男性も多いようです。

第3位は14.7%で「500万円くらいがランクイン。いくらあってもいいけれど「最低でこれぐらい」「安心できるギリのライン」がここだそう。「本当は1,000万ほしいところだけどこれくらいが限界かと思う」なんて人もいました。

男性の意見を見ていると「しっかり老後に向かって貯金すべき」と考えている人が大多数。そんなに多い金額を上げなかった少数派は30代は結婚や仕事のためにお金を使いたいという意見でした。景気が上向いているとはいえ、まだまだ不安も多い今、老後を考えてしっかり貯蓄をしておくことがスタンダードなんですね。さて、あなたは、どれくらい老後に向けて貯金していますか?(編集部/渡辺)

※マイナビウーマン調べ(2014年2月にWebアンケート。有効回答数163件。22歳〜34歳の社会人男性)。