業界人絶賛の人気ロケ弁が一堂に集まる『ロケ弁フェスティバル』開催!

写真拡大

テレビ番組でよく耳にする『ロケ弁』。番組スタッフや出演者などがロケ現場で食べるお弁当のことです。

時々特集などで、「テレビ業界ではどこのロケ弁が人気」だとか、「あの番組ではこの店をよく使う〜」なんてことが紹介され、さらには「あそこの弁当は絶品!」とまで言われたら誰がどう考えても気になりますよね?

その人気のロケ弁が一堂に会する日本初の大規模イベント、『ロケ弁フェスティバルin東京スカイツリータウン』が4月1日から13日までの期間、東京スカイツリータウンスカイアリーナで開催されます。

【関連:実写版『パトレイバー』4月26日から順次テレビ放送決定―ニコニコ動画でも配信】

ロケ弁フェスティバルロケ弁フェスティバル

イベントでは、日本ロケ弁協会(東京都港区、発起人:久高一洋)が厳選した、業界内なら誰もが知るロケ弁の名店から、穴場的名店まで幅広いジャンルのロケ弁屋が合計12店舗出店。
また4月5日に公開される実写映画『THE NEXT GENERATION パトレイバー』内にも登場する、架空の中華料理屋「上海亭」のメニューを再現したロケ弁も販売されます。

なお、ロケ弁の購入費は各自負担。営業時間は初日を除き(初日のみ11時半から)、毎日11時から18時まで。

季節的には暖かくなり、気の早い桜も咲き始める時期、この機会に普段食べる事のないロケ弁をぜひ味わってみては?

ロケ弁フェスティバル会場イメージ

▼出店店舗
・マザー(東京都渋谷区):ぶり大根が有名な家族経営のお店。
・オーベルジーヌ(東京都新宿区):ビーフカレーがおすすめの名店。
・えび寿屋(東京都中央区):おにぎりが有名なお店。中でも鶏めしは絶品。
・駒春(東京都新宿区):ヘルシー&お魚が有名なお店。
・ここから屋(東京都中野区):郷土和食が原点のお店。知る人ぞ知る名店。
・わたりがらす(東京都渋谷区):オーガニックメニューが有名なお店。
・中華の匠(東京都文京区):ボリュームのある中華のお店。エビチリがおすすめ。
・あし柄(東京都江東区):きじ焼きが有名なお店。
・はーびあんず(東京都渋谷区):有機野菜と穀物でつくられた健康ロケ弁が人気。
・崎陽軒(神奈川県横浜市):業界内にもファン多数。もちろんシュウマイが有名。
・浅草今半(東京都台東区):浅草の老舗。極上の絶品すき焼きが人気。
・とんかつまい泉(東京都渋谷区):超有名なとんかつ屋さん。