今期初めてA2級に昇格した富山の新星、23歳の今井美亜が才能豊かな走りを披露している。

 まず1月31日の児島第5R、彼女は5コースから犬童千秋らをまくり差し、人気の平山智加を3着に沈めて3連単1万1390円の穴をあけた。2月3日第12R、今度は4コースから田口節子をまくり、2万5470円の主役に躍り出た。

 そして次節の尼崎では10戦6勝の活躍を見せ、2月23日には02のスタート一発、鮮やかに逃げて初優勝のゴールを駆け抜けた。

 この今井が3月12日【水】〜17日【月】の「戸田女子リーグ」に出場する。11年8月以来2年半ぶりの戸田だが、あの時、彼女が決めた大穴連打のシーンは、まだしっかりと記憶に残っている。

 11年8月30日第3R、21歳だった彼女が、いきなり大外から滝川真由子らをまくると、これが3連単4万8830円の大波乱。9月2日第1R、4コースから西村めぐみをまくったレースも1万1860円。さらに翌3日第7R、風速8メートルという猛烈な右横風が吹く中、5コースから佐野隆仁らをまくって3連単9740円の配当を提供した。

 今度の戸田は、2年半の成長を証明するシリーズである。弾丸スタートで飛び出し、必ず穴党ファンの期待に応えるだろう。

 なお、今井の次走地は3月25日〜30日の「浜名湖MB大賞」となっている。

◆ボートレース評論家・水上 周

◆アサヒ芸能3/11発売(3/20号)より