<ハッサンII世トロフィー 事前情報◇12日◇ゴルフ・ドゥ・パレロイヤル(6,951ヤード・パー72)>
 モロッコ王家が後援する欧州男子ツアー「ハッサンII世トロフィー」が13日(木)に開幕。開催前日のこの日はプロアマ大会が行われた。
 この大会には日本勢では唯一、伊藤誠道が参戦。この日は欧州ツアーのメンバーではないのにプロアマに出場、最終調整を行った。
 伊藤はこの大会2年ぶり3度目の出場。日本から約23時間の移動とあって「来るだけでヘロヘロですよ(笑)」、時差ボケも抜け切らず万全の状態とは言いがたいが「予選通過を目指して頑張ります」と力強く目標を話した。
 会場のゴルフ・ドゥ・パレロイヤルは塀に囲まれた王宮の敷地内にあるコース。海が近いため伊藤は「風がハンパじゃない」と強風を警戒した。そして「フェアウェイがうねってるし、グリーンの形状が難しい」と難コースだが、オフの合宿の成果を試すにはうってつけの舞台だろう。
 この大会には昨年覇者のマルセル・シーム(ドイツ)の他、ロス・フィッシャー(イングランド)、エドアルド・モリナリ(イタリア)、ミッコ・イロネン(フィンランド)、デビッド・ホージー(イングランド)らヨーロッパの強豪たちが出場。パワーで勝る彼らに日本の若武者がどこまで対抗できるか注目だ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
海外挑戦の足かせに?国内男子ツアー義務試合数改定…これって改良?改悪?
石川遼がカラフルなPGAプレーヤートップ10に選出
森田理香子は吉田、笠と同組!ホステス原はさくら、イ・ボミと
藍、日本へ、東北へメッセージ「一日も早い復興を信じて」
「噛んだ!正輝〜」秀逸ゴルフオヤジギャグといえば?