木嶋被告、獄中で官能小説を執筆

ざっくり言うと

  • 首都圏連続不審死事件で、2審も死刑判決が出た木嶋佳苗被告
  • 木嶋被告は、拘置所内で自伝的な官能小説を執筆
  • 昨年には、光文社にノート41冊分の原稿を提出したとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング